NASとファイルサーバーの違いは?メリット・デメリットをそれぞれ解説

2019/02/27
649 (月間225)

近年、ファイルサーバーに置き換えてNASを導入する企業が増えています。本記事では、NASとファイルサーバーの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてわかりやすく解説します。また、NASの選び方や導入方法まで説明するので、参考にしてみてください。

NASとは

NASは、「Network Attached Storage(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)」の頭文字をとったもので、日本語では「ネットワーク接続型ストレージ」という意味になります。ネットワーク上にHDDがあると考えればイメージしやすいのではないでしょうか。

通常ハードディスクを利用するときはUSBケーブルなどで接続しますが、NASの場合ネットワークを経由して接続するため、複数のパソコンで使用できます。また、ファイルサーバーのなかでもストレージ機能に特化しているのが特徴です。

NAS の利用方法

では、NASはどのように使うのでしょうか。NASの具体的な使い方として「ファイルをバックアップする」「ファイルを共有する」の2つを紹介します。

ファイルをバックアップする

NASがあれば、パソコンやスマートフォンなどにあるデータをNAS上にコピーしてバックアップすることが可能です。また、異なるデバイスからアクセスできるので、同じ場所で複数デバイスのデータを管理できます。

ファイルを共有する

NASへは、複数のデバイスからアクセスできるので、ファイルの共有が簡単に行えます。例えば、プロジェクトで使用するファイルをNAS上に保管し複数人がアクセスできる状態にしておけば、誰でも作業が可能となり、共同で作業を進めやすくなるでしょう。

データを保存する

スマートフォンに写真や動画、音楽を多く保存していてストレージの容量が少ないというような場合、NASを保存先として利用できます。ネットワーク環境があればどこからでもアクセス可能です。また、企業であれば過去のプロジェクトのシステムファイルやデータなどの保管にも活用できます。

NASとファイルサーバーの違い

NASの利用方法を理解すると、「NASはファイルサーバーと同じだ」と感じる方もいるかもしれません。それぞれの違いとメリット・デメリットについて紹介します。

ファイルサーバーとは

ファイルサーバーも、ネットワーク上でファイルの保管や共有ができる点はNASと同様ですが、ファイルサーバーはNASに比べると自由度が高いです。例えば、機能の追加やストレージの増設など利用者の好みに応じてカスタマイズが可能です。

企業の場合、組織の成長に合わせてストレージの容量などを最適に整えられます。NASはストレージに特化しデータの保存を主に行いますが、ファイルサーバーは、データの保存だけでなくさまざまな拡張機能を備えています。

NASのメリット・デメリット

まず、NASのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

NASのメリットは導入のしやすさです。導入にあたっては特にライセンスなどは必要なく、特殊な設定も不要なため、ストレージを比較的簡単に確保できます。また一からサーバを設置する場合と比べると、コストが抑えられるのもメリットの一つです。

デメリット

従来のNASはファイルサーバーのような拡張性や柔軟性は備えておらず、ファイルの保管、共有など以外には対応しにくい部分がデメリットでした。しかし、昨今のNAS製品は、アプリケーションを追加することでファイルサーバと同等以上の機能を期待できるようになっています。

NASが適しているケース

先述の通り、NASはストレージとして利用する機会が多く、複数デバイスでのファイルの共有や保管を得意としています。そのため、プロジェクトチーム単位や家族単位など、単純に共有するスペースが欲しい場合の利用に適しています。

ファイルサーバーのメリット・デメリット

NASにメリット・デメリットがあるように、ファイルサーバーにもメリット・デメリットが存在します。どのようなものがあるのか説明します。

メリット

ファイルサーバーの大きなメリットは拡張性と柔軟性を備えている点にあります。

例えば、アクセスできるユーザーを柔軟に管理できる、ファイルの量が増えてきたらストレージを増設できるといったことはNASにはない特徴です。ストレージの容量を大きくしていく、関連する社員にだけアクセス権限を与えるなど企業のレベルに応じた対応が可能になるため、業務を進める上で最適な状況で利用できます。

また、アクセスする人が多い場合など規模の大きい管理にも対応しており、必要に応じてアクセス制限をかけることもできるため、セキュリティ面でも安心できます。

デメリット

柔軟性と拡張性を備えている分、価格は高い傾向にあります。また、ユーザーを管理したり、ストレージを増やしたりするためのスタッフが必要になるなど、人件費などもかかります。

ファイルサーバーが適しているケース

ファイルサーバーは、利用者の好きなようにストレージやアクセス権限を設定できる点が大きなメリットです。そのため、将来的にユーザーが増えたり、ストレージを増やす必要がある場合は、NASよりもファイルサーバーの方が向いているでしょう。

NASの選び方

ファイル共有など比較的単一の目的に向いているNASですが、選ぶ際はどういった点に注意すればいいのでしょうか。以下で、NASの選び方について紹介します。

RAIDの機能で選ぶ

NASには RAID((Redundant Arrays of Inexpensive Disks))という機能があります。これは、データを複数のHDDに分散させることで、性能を確保するのと同時に故障によるデータの損失リスクを防ぐための技術のことです。

RAIDには、RAID0、RAID1、RAID5、RAID6の4つの規格があり、数字が大きいほど機能が優れています。

バックアップ機能で選ぶ

ほとんどのNASには自動バックアップ機能がついています。これは、NAS上のデータを別のストレージにバックアップするというものです。

RAIDによってデータ消失のリスクを低減したとしても、NAS自体に障害が起こる可能性もゼロではありません。そういったときに異なる場所にデータをバックアップしておくことで、もしものときに備えることができます。

ユーザー管理機能で選ぶ

ユーザー管理機能はファイルサーバーが持つ特徴です。しかし、近年ではNASでもアクセス権限の付与やグループ設定といった高いレベルでユーザー管理ができるようになっているものもあります。

ファイルサーバーに近い使い方をしたいという場合は、ユーザー管理機能の有無についても確認しておきましょう。

リモートアクセス機能で選ぶ

例えば社内のパソコンだけでなく、外出中にスマートフォンからもNAS上のファイルにアクセスできれば仕事の効率を高めることができます。NASの中には社内にいなくても自宅などからアクセスできるリモートアクセス機能が備わっているものもあるため、リモートワークをする社員がいる場合はこの機能があると便利です。

ファイルサーバーとの統合が可能かどうかで選ぶ

現在NAS以外のファイルサーバーを利用している場合、いきなり全てのデータをNASに移すのは簡単ではありません。そのため、最初のうちはNASとファイルサーバーを統合させながら少しずつデータを移行させることになります。

NASにはファイルサーバーとの統合機能を備えているものもあるため、既存のサーバーから移行する場合はこの機能を確認しておくようにしましょう。

NASの導入方法

実際にNASを導入しようと考えた場合、まずなにをすればいいのでしょうか。続いてはNASの導入方法について紹介します。

導入に必要なもの

NASの導入には、NASの本体の他にNASにアクセスするための端末、LAN機器が必要です。家で利用するなら無線LAN機能のあるルーター、LANケーブルが、企業で利用するのであれば、LANを配線するためのハブと端末分のLANケーブルが必要です。

初期設定

最初に利用するときには初期設定をしなければいけませんが、ほとんどのNASでは、初期設定は自動化されています。

家庭用であれば、接続ユーティリティというソフトウェアをインストールすれば自動的に設定できます。

セキュリティの設定

さまざまなデータやファイルをNAS上に保管する場合、セキュリティの設定は欠かすことができません。
NASのセキュリティ設定には、ファイアーウォール設定がされているか、NASの管理パスワードが推進しやすいかどうか、不明な接続のログがないかどうかなど、NASによってさまざまな機能があります。

まとめ

NASとファイルサーバーの違いとそれぞれのメリット・デメリットについて紹介してきました。

主にストレージとして利用できるシンプルさが特徴のNASと、カスタマイズに優れる柔軟性が特徴のファイルサーバーはそれぞれ適した用途が異なるため、利用にあたっては、どういった目的でサーバーを利用するのかという点を検討しておくようにしましょう。

IT機器の専門商社であるテックウインドは、QNAPというNASの正規代理店であり、豊富なノウハウを基に常に適切なモデル構成の提案が可能です。QNAPは台湾のネットワーク機器専業メーカーの製品で、SMBグローバルNAS市場でシェア約20%を誇っています。
導入を検討している方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

QNAPのお見積り・ご相談はこちらから

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

デスクトップ/タワー型

ラックマウント

HDDトレイ

拡張ユニット

オプション

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.