メニュー

カテゴリー: PCパーツ > 電源

Strider Platinumシリーズ 750W

SST-ST75F-PT

JAN/UPC:4589657252384
メーカー型番:SST-ST75F-PT
TEKWIND型番:SIV-SST-ST75F-PT

SST-ST75F-PTの特長

  • 80PLUS Platinum認証
  • 奥行14cm
  • フルモジュラー仕様
  • 負荷20%以下のときはファンレス動作

製品の詳細はメーカーサイトでご確認ください。メーカーページで製品詳細を見る

製品画像


ST75F-PTの特徴

デスクトップコンピューターが、より効率的かつ小型の設計になっていくのを受けて、SilverStoneは電源装置としてStrider Platinumシリーズをリリースすることで、この効率面での流れをサポートします。最小のフルモジュラーATX電源で80 PLUS Platinumの効率を備えた当製品は、ファンレスモードで非常に優れた静音性能を備えています。負荷条件が20%未満の場合、電源のファンはオフの状態を保ち、アイドル時や低演算負荷操作での静音動作に対応します。以前のStriderシリーズから継承した優れたその他機能には、±3%調整、パワフルなシングル+12Vレール、24時間/7日の連続電力出力、およびマルチPCI-Eケーブルが含まれます。小さなフットプリントでの高効率システムを構築されたい皆様にとって、Strider Platinumは最善のチョイスに違いありません。

80 PLUS Platinumレベルの効率設計で、廃熱を減らし電力を節約します。

100%モジュラーケーブル設計により、SilverStone製PP05などのショートケーブルキットが使用可能で、ケーブル取り回し・固定が簡単で容易に取り外し可能です。

Strider Platinum Sモデルには24ピンフラットケーブルが付属しており、きつい曲げやケーブル取回しにもフレキシブルに対応可能です。

140mmの奥行きは、モジュラーケーブル付き大ワット数PSUの新たな標準をもたらしました。

パワフルなシングル+12Vレール設計は、将来のハイエンドコンポーネントへのアップグレードやオーバークロックに最適です。

±3%出力制御および低リップル&ノイズにより高い安定性を実現します。

インテリジェントなRPM制御を備えた超静音120mmファンは、冷却性能に優れかつファン動作時でも最小18dBAという静音動作です。20%未満の負荷条件ではファンレスモードが利用可能です。

スペック

最大 DC 出力
750W
出力密度
415W / リットル
負荷範囲
 
+3.3V +5V +12V +5VSB -12V
最大電流 (A)
22A 22A 62.5A 3.0A 0.3A
ピーク電流 (A)
/ / / / /
最小電流 (A)
0A 0A 0A 0A 0A
レンジ (%)
±3% ±3% ±3% ±5% ±10%
ライン制御 (%)
±1% ±1% ±1% ±1% ±1%
リップル (mVp-p)
50mA 50mA 120mV 50mV 120mV
カラー
ブラック(非鉛成分塗装)
+3.3V & +5V コンバイン
120W
+12V コンバイン
750W
入力電圧
90V ~ 264V
入力周波数範囲
47Hz ~ 63Hz
PFC
アクティブPFC(PF>0.9、全負荷時)
効率
89%~92%、負荷20%~100%
MTBF
100,000時間
動作温度
0°C ~ 40°C
保護機能
過電流保護
過出力保護
過電圧保護
過熱保護
過小電圧保護
短絡回路保護
コネクタ
1 x 24 / 20ピンマザーボードコネクタ(550mm)
1 x 8 / 4ピンEPS / ATX 12Vコネクタ(750mm)
4 x 8 / 6ピンPCIEコネクタ("550mm / 150mm"x2)
8 x SATAコネクタ("600mm / 150mm / 150mm /150mm"x2)
6 x 4ピン周辺用コネクタ("600mm / 150mm / 150mm"x2)
2 x 4ピンフロッピーコネクタ("600mm / 150mm / 150mm / 150mm"x2)
冷却システム
静音120mmファン
フォームファクタ
ノイズレベル
0 ~ 28 dBA
寸法
150 mm (W) × 86 mm (H) × 140 mm (D)
重量
2.25 Kg
認証
80 PLUS Platinum
その他
GPU Support list
Compatible with ATX12V v2.4

SATAケーブル1本に4基のSSDを接続する際は、各ケーブルの+5V出力合計は5Aを超えないようご注意ください。ケーブルの過負荷を防止するには、2本の独立したSATAケーブルへの接続をお勧めいたします。

Specifications presented on this page contains most recent revisions and may differ from those printed on retail boxes or manuals.

電源に関連する導入事例

導入事例はありません。

電源に関連する特集記事

特集記事はありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.