GeForce® GTX 1080 Tiを4基搭載!Deep Learning用サーバーおすすめ構成を紹介

2018年03月公開

Deep Learning用サーバーにおいて、要望が多いのがコンシューマーモデルのGPUで構成されたサーバーです。
そこでGeForce® GTX1080 Tiで構成されたDeep Learning用サーバーをご紹介します。
GPUのパフォーマンスと価格のバランスを追求した当社独自の構成です

当社型番:SYS-7049GP-TRT/GFC

SYS-7049GP-TRT/GFCの特長

Geforce® GTX 1080 Tiを4基搭載

コンシューマーモデルのGPUを搭載することで、価格と演算性能のベストバランスを目指しました。さらに4基のGPU全て、PCI Express x16で接続し動作させることができます。マザーボードの仕様やCPUのPCI Expressレーン数の制約により、実はPCI Express x8で接続し、動作させているということはありません。

4基のGPUをPCIE3.0x16に接続したイメージ図

冷却性能を向上させパフォーマンスを最大限に発揮

当社の独自構成により、GPUが高負荷状態になったとしても熱による演算性能低下(Thermal Slowdown)を発生させることなく、動作が可能です。
さらにサーバーのリアに搭載した排気用ファンにより、GPU周辺の熱を効率よく排出できます。

リーズナブルなCPUで、コストダウンに貢献

CPUはインテル® Xeon® Silver 4112 プロセッサーを2基搭載。リーズナブルなCPUを選定することで、サーバー全体のコストを抑えました。
ただCPUを2基搭載することの効果は絶大です。4基のGPU全て、PCI Expressx16で接続し動作させるだけではなく、拡張カードを追加するなどの拡張性にも優れます。

詳細スペック

ベアボーン Supermicro SYS-7049GP-TRT
CPU インテル® Xeon® Silver 4112 プロセッサー×2基
4コア/8スレッド
ベースクロック:2.60 GHz/ターボブースト:3.00GHz
メモリー DDR4-2666 RDIMM ECC 192GB(16GB×12枚)
ストレージ 2.5inch エンタープライズクラスSSD 480GB×1台
GPU ELSA GeForce® GTX 1080 Ti 11GB ST×4基
ビデオ VGA x1 (オンボード ASPEED AST2500)
OS Ubuntu16.04
LAN RJ45 10GBase-T ×2 ポート
RJ45 Dedicated IPMI LAN ×1ポート
電源 100V環境:1200Wを2系統から電力を供給
200V環境:冗長電源2200W
※高負荷時には冗長構成での動作ではなく、電源2系統からの供給による動作に切り替わります。
保守 1年センドバック保守のみ
当社型番 SYS-7049GP-TRT/GFC
想定売価 ¥1,800,000-(消費税別)

詳細スペック

室温 25℃

法人専用 お問い合せフォーム

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

このページのTOPへこのページのTOPへ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.