メニュー
ESTRADE

カテゴリー: ネットワーク機器

販売終了 法人向け製品

40G×4ポート搭載 10G Base-Tモデル

AS5600-52T/L2

2012年12月17日発売
想定売価:1,580,000円(税込)

JAN/UPC:4515479621015
メーカー型番:AS5600-52T/L2
TEKWIND型番:EST-AS5600-52T/L2

テックウインドが今回取り扱いを開始するのは、48ポートの 10GbEと4ポートの40GbE(QSFP+)アップリンクを搭載する“AS5600”シリーズ、2製品4モデルです。RJ-45インターフェース対応の“AS5600-52T”およびSFP+インターフェース対応の“AS5600-52X”をラインナップし、各製品についてL2/L3スイッチを展開します。Broadcom製の最新チップセットとLinuxをベースとしたネットワークOSを採用することで、1.28Tbに達するスイッチング能力と最新のネットワーク機能を取り込み、高性能でありながら低廉な価格と高い安定性を実現しています。

OpenFlow機能無効化時には一般的なL2/L3スイッチとして動作するハイブリッド設計であり、低価格かつ高密度な10GbEスイッチとしても活用できます。特にRJ-45を採用し従来の1000BASE-Tとの下位互換性を有する“AS5600-52T”は、データセンターのみならず既存の企業内ネットワークにも手軽に導入が可能です。

なお、テックウインドではデータセンターや法人ユーザーの需要に応じるため、独自の保守サービスメニューを2013年より提供開始予定です。また、Open Flow v1.2対応という極めて先進的な製品を体感いただくため、法人顧客を対象とした評価機貸出サービスを2013年より開始する予定です。これらのサービスに関しては順次テックウインドホームページにて告知を行います。

コンピューティングにおいて仮想化とクラウドという巨大な地殻変動が起きる中、受け皿となるネットワーク基盤も柔軟で自由な次世代型インフラにシフトすることを迫られています。テックウインドは最新の製品動向を発信しつつ次世代ネットワークの普及と発展に寄与していく考えです。


ホワイトボックス・データセンタースイッチの取扱について

クラウドコンピューティングの一般化、サーバ仮想化の普及、それらに付随するFCoE(Fiber Channel on Ethernet)の利用拡大に伴い、データセンターのネットワークには迅速な構成の変更、あるいは自動的な運用といった新たな要請が生まれています。これに応える技術として注目されているのがSoftware-Defined Networkを実現するOpenFlowです。OpenFlow対応機器が普及していくことで、今後ネットワーク機器はコモディティ化し、またベンダーにとらわれないネットワークの構築と管理が可能になっていきます。

こうした市場の流れに応えるため、各社IT関連ハードウェアの正規代理店であるテックウインドは、機能性・信頼性・そして圧倒的なコストパフォーマンスを併せ持つOpenFlow v1.2対応スイッチ製品の取り扱いを開始しました。

汎用的なチップセットとオープンソースな技術を最大限に活用することで、データセンター向けスイッチ製品としてこれまでにない驚くほどのコストパフォーマンスを実現しています。

製品特長

  • OpenFlow v1.2(IPv6)対応 ハイブリッドToR(Top of Rack)スイッチ
  • 10GbE x48ポート, 40GbE(QSFP+) x4ポート搭載
  • 物理インターフェースはRJ-45(AS5600-52T)とSFP+(AS5600-52X)の2種から選択可能
  • Broadcom製最新チップセット採用によりスイッチング容量1.28Tbpsを実現
  • プログラマブルAPI(C, Ruby, Python, cURL, OpenSSH, OpenSSL)
  • L2対応プロトコル:DCBX, 802.1Qau QCN, 802.1Qaz ETS, 802.1Qbb, MSTP, LAG

スペック

インターフェース LAN RJ45
シリーズ Switch ,Layer 2
スピード 10G x48Port,4xQSFP+ Support 40Gbe or 4x10Gbe

ネットワーク機器に関連する導入事例

導入事例はありません。

ネットワーク機器に関連する特集記事

会社情報ページへのバナー

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.