メニュー
Transcend Japan

オーバープロビジョニング(Over-Provisioning)とは?

2021年11月公開

関連メーカー:トランセンド(Transcend)


オーバープロビジョニング(Over-Provisioning)とは?

オーバープロビジョニング(OP)は、SSD容量の一部をキャッシュとして割り当てるファームウェア最適化テクノロジーです。
OPによってSSDのパフォーマンスが向上するだけでなく、ガベージコレクション(GC)がより効率的になり、データ転送速度の維持とSSDのデータ書き換え寿命の向上に繋がります。

オーバープロビジョニングの利点

トランセンドは、お顧客様のニーズに合わせてOPに割り当てる領域のサイズをカスタマイズ調整し対応でき、 トランセンドとしては、少なくともSSD容量の7パーセントをOPに割り当てることを推奨しています。 このサイズであれば、ユーザーが使用可能な容量を大幅に減少させること無く、「ランダムアクセススピードの向上」と「SSDデータ書き換え寿命の延伸」に貢献する事が出来ます。
企業および組み込みクライアントにとって、SSDの信頼性と耐久性の評価は、ユニットの単価よりも重要とされる場合があります。 SSD総容量の一部をOPに割り当てると、仮想アクセス可能容量は小さくなりますが、その欠点を上回る利点があると考えます。

WAF = NANDへ書き込まれた総バイト容量 ÷ ホストから書かれた総バイト容量

オーバープロビジョニングによる効果の違いを説明した図

トランセンド製 産業用SSDで対応可能

トランセンドは、サーバーアプリケーションで一定の書き込みパフォーマンスを必要とするお客様に、オーバープロビジョニングによるカスタマイズ対応を長期に渡り行っています。このカスタマイズを適用したSSDは、持続的な4Kランダムアクセススピードと高い信頼性ご提供する事が出来ます。 オーバープロビジョニングはSSDの耐久性を向上させ、寿命を延ばすことができるのです。

トランセンド ✕ テックウインドが提供する価値 交渉のしやすさやサポートの享受といった点で強いテックウインド

テックウインドは、トランセンド社との密なコミュニケーションを取っているため他代理店に比べて、レスポンスが早いのが特長です。メーカーからすると「もうちょっと早く言ってくれれば・・・」というような状況が少ないため、お客様にとっては交渉のしやすさやメーカーからの技術サポートの享受といった点でメリットがあります。

お問い合わせ

ビジネスに必要なIT機器の導入をサポートいたします

お問い合わせ・相談する

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.