タブレットの活用に向けて、社内教育を実施しよう

タブレットの活用に向けて、社内教育を実施しよう
2019/02/19
698 (月間37)

タブレットの利用法や禁止事項を理解し、トラブルを防止

企業にタブレットが導入された場合、社員がタブレットを使用する前には、「社内教育」を実施しておきましょう。

タブレットの利用法に関することはもちろん、タブレットを利用する際の禁止事項についても理解を深めることで、タブレットの利用におけるトラブルを防ぐことができます。

そもそも、なぜ社内教育が必要か?

タブレットを有効に活用するためには、社内教育の実施が効果的と言えますが、そもそも、なぜ社内教育が有効なのでしょうか。

その理由としては、社内教育を受けることによって、タブレットの使い方を十分に理解できるためです。社内教育を受ければ、タブレットを効果的に使う方法を習得できるために、現場において、タブレットを実践的に利用することができます。

また、社内教育を受けている立場としては、現場でタブレットを利用するときに困ることのないよう、タブレットの利用方法を確実に学ぶことでしょう。

そのほか、タブレットの利用に関する社内教育が有効な理由としては、タブレットを利用する際の禁止事項について、意識付けを行いやすいためです。

タブレットを誤って扱った場合に起こり得るトラブルについて、社内教育であらかじめ理解しておけば、現場でタブレットを利用する場合、誤って利用しないように心がけることでしょう。

さらに「なぜ、誤って扱うとトラブルが発生してしまうのか」ということについても理解が深まるため、よりトラブルの発生を防ぎやすくなります。

タブレットの利用法に関する教育

タブレットに関する社内教育の内容は、大きく分けると「タブレットの利用法」と「タブレットを利用する際の禁止事項」に分けられます。

タブレットの利用法に関する教育では、タブレットの基本的な操作方法に関する内容のほか、タブレットをより実践的に利用する方法についての指導を受けます。

例えば、タブレットを利用すれば、移動中の空き時間であっても、報告書や見積書など、さまざまな文書の作成が可能であることや営業担当者が数多くのカタログを持ち歩かなくても、タブレットが1台あれば、タブレットをカタログ代わりにして商品の紹介が可能なことなどがあげられます。

タブレットの利用法に関する教育で、タブレットを便利に使いこなす実例を紹介すれば、タブレットの利用率が高まるものと期待されます。

タブレットを利用する際の禁止事項に関する教育

タブレットを利用する際の禁止事項について教育する場合、禁止事項の一例をあげると「業務に関係ないことでタブレットを利用しない」ということがあげられます。

具体的には、業務に関係ないウェブサイトを閲覧したり、または、業務に無関係のアプリをダウンロードしたりして、アプリを利用することなどがあります。

そこで、社内教育の場で、ウェブサイトの閲覧を制限する理由として、「業務の効率性が低下してしまうこと、そして、悪質なサイトにアクセスすることによって、タブレットがウイルスに感染してしまう危険性があるため」と説明しておけば、タブレットを利用する社員も納得することでしょう。

まとめ

タブレットを不適切に利用した場合、業務の効率化が期待できなくなるばかりか、導入コストが無駄になってしまうことも考えられます。そのため、タブレットの導入において大切なことは、タブレットを利用する人の意識を高めることと言えます。

タブレットを導入し、適切に活用すれば業務の効率化が期待されます。タブレットを利用する人の意識を十分に高めた上で、タブレットを活用していきましょう。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット
オプション

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.