本格的なタブレットの導入前に、デモ機を利用して試験運用を

本格的なタブレットの導入前に、デモ機を利用して試験運用を
2019/02/18
870 (月間39)

デモ機を活用して、タブレットの導入をスムーズに

企業でタブレットを導入する手順としては、即座に本格導入する方法も考えられますが、企業によっては、業務がスムーズに進むかどうかを確かめるために「タブレットの試験運用を行いたい」と考えることがあるのではないでしょうか。

そのような要望に応えるために、ベンダーによってはデモ機の貸し出しサービスを行っている場合があります。デモ機の適切な利用方法について、詳しくみていくことにしましょう。

デモ機とはどんな機械?

デモ機とは、ある製品の導入を検討している顧客のためにベンダーが用意した機器のことで、顧客が試験的に利用することを目的としています。

顧客がある製品の導入を検討している場合、その製品について理解するためには、カタログに記載されている内容を参照する方法もありますが、実際に製品を手に取って利用してみないと、製品について理解することは困難と言えます。

そのような問題は、デモ機を利用することで解消されます。

デモ機は、正式な製品とは異なるものの、試験的な利用が目的であることから、正式な製品と同様の動作をすることが特徴です。

そのため、正式な製品を導入する前に、操作性や使い勝手などを確かめるために最適な機器と言えます。

デモ機の利用で、試験運用が可能となる

タブレットのデモ機を利用するメリットは、業務においてタブレットを試験的に利用できる点です。

例えば、業務の効率化を目指してタブレットを導入する場合に、実際に業務の効率化が実現するのかどうか、ということを確かめる場合にデモ機の利用が役に立ちます。

また、デモ機を利用すると、タブレットの操作性をあらかじめ確認することもできます。もし、試験運用を行わない状態でタブレットを導入してしまった場合、利用している社員から「使い勝手があまり良くない」という意見が上がるかもしれません。

しかし、デモ機を利用してタブレットの試験運用を行えば、タブレットの操作性を確認できるために、万が一、タブレットの操作性があまり良くない場合には、そのタブレット端末の導入を見送ることも可能となります。

ベンダーとの間でタブレットの導入を契約する前に、あらかじめデモ機で操作性を確認しておけば、実際にタブレットを導入したときにスムーズに利用できることが期待されます。

デモ機を利用する場合の注意点

デモ機を活用することで、タブレット導入前の試験運用が可能となりますが、デモ機を活用する場合には、あらかじめ注意点についても把握しておきましょう。

デモ機を利用する場合に注意したい点は、デモ機の台数に限りがあり、デモ機を利用したいときに利用できない場合がある点です。

他の利用者がデモ機で試験運用を行っていれば、その利用者がデモ機の利用を終了するまではデモ機を借りられないことになります。

あらかじめベンダーに問い合わせをして、デモ機を利用できるかどうかを確認しておきましょう。また、デモ機を利用する場合には返却期限が設けられていますが、次の利用者のことを考えて、デモ機の返却期限は守りましょう。

なお、デモ機の利用中にデモ機を誤って破損してしまった場合には、多くの場合、修理代を請求されます。また、タブレットのデモ機を紛失させてしまった場合も、タブレットの費用を弁償しなければなりません。

デモ機はベンダーからの借り物であることを十分に認識し、丁寧に取り扱うことが基本となります。

まとめ

企業においてタブレットの導入を成功させるなら、デモ機の貸し出しサービスを利用することは有効な手段と言えます。デモ機を利用して業務にタブレットを利用すれば、そのタブレットが利用しやすいかどうかをあらかじめ確認できるからです。

タブレットの導入を円滑に進めていくためにも、デモ機の活用を検討してみましょう。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット
オプション

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.