業務を効率的に!企業のタブレットでよく使われているアプリは?

業務を効率的に!企業のタブレットでよく使われているアプリは?
2019/02/18
1075 (月間60)

効果の高いアプリは、探すのが難しそう

企業においてタブレットを導入したなら、業務の効率性を高められるアプリをダウンロードしたいところですが、アプリの種類はとても多く、最適なアプリを探すのはとても難しく感じられるのではないでしょうか。

そこで、多くの企業が頻繁に使用しており、なおかつ業務の効率アップが期待できるアプリをご紹介します。

手書きアプリ

手書きアプリとは、専用のペンを利用して、タブレットの画面上に手書きで文字を書けるアプリのことです。

タブレットに文字を入力する場合、文字入力が面倒に感じてしまうことがありますが、手書きアプリを利用すれば、タブレットの画面にペンで文字を書くだけなので、とても手軽と言えます。

また、手書きアプリは、文字の色を自由に変えられるので、記入した内容をカラフルにすることもできるのです。

さらに、単に文字を手書きできるだけでなく、手書きアプリ上に画像も添付することができます。出張の前準備として、地図のスクリーンショットを貼ったり、目的地の画像を貼ったりすれば、出張がスムーズに進むことでしょう。

主な手書きアプリとしては、iOSのみに対応する「GoodNotes4」やさまざまなOSに対応している「MetaMoJi Note」があります。

コンテンツ管理アプリ

コンテンツ管理アプリとは、画像や動画、PDFファイルなど各種のコンテンツを一括管理するアプリのことです。

企業においては、社員向けに複数台のタブレットを導入するケースが多いですが、タブレットを業務で利用する場合、業務の進行状況に合わせて新たな内容のデータに更新する必要があります。例えば、営業向けとして、新たな内容のカタログデータを更新することなどがあげられます。

そのような場合、本社のサーバーから社員向けのタブレットに向けて新たな内容のカタログデータを配信すれば、タブレットを利用する社員としては、常に新たな内容のデータを参照することができます。

また、営業に限らず、会議などでもタブレットが利用される場合がありますが、コンテンツ管理アプリを利用していれば、会議の参加者に対して、自動的に会議の内容が配信されます。

コンテンツ管理アプリは、数多くのタブレットを利用している企業ほど、メリットを受けやすいと言えるでしょう。

おすすめのコンテンツ管理アプリとしては、「SmartLibrary」があります。

ファイル共有アプリ

ファイル共有アプリについて説明する前に、「ファイル共有」について説明すると、ドキュメントや画像、動画など、各種のファイルを複数のパソコン、またはスマートフォン、タブレットなどで共有できる仕組みのことです。

これらを可能にするアプリが「ファイル共有アプリ」ですが、ファイル共有アプリを利用すれば、外出先でタブレットを利用する場合であっても、オフィスのパソコンで利用していたデータをそのまま外出先のタブレットで参照できるため、業務の効率化が期待されます。

また、ファイル共有アプリを利用して大きな効果が期待できるのは、チームで業務を進めている場合に、チーム内で業務に関する情報を共有できることです。

外出先では、業務に関するファイルデータを参照しにくい状態となりますが、タブレットにファイル共有アプリがダウンロードされていれば、直接ファイルデータを参照できるため、場所を問わずに業務を進めることが可能となるのです。

主なファイル共有アプリとしては「Xender」や「Dropbox」などがあります。

まとめ

タブレットを利用することで、業務の効率が向上しやすくなりますが、タブレットの効率性をより一層高めるなら、アプリ選びが重要と言えます。

タブレットには様々な業務効率化アプリがあります。業務の効率化のためにタブレットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。タブレットやモバイル製品についてご検討中の場合には、お気軽にお問い合わせください。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット
オプション

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.