メニュー

マンションのパンフレットを電子化するメリットとは?

マンションのパンフレットを電子化するメリットとは?
2018/12/26
3007 (月間58)

マンションの内覧会はタブレットで効率的に

マンションの内覧会では通常紙のパンフレットが使用されます。雑誌のように美しい写真で埋め尽くされたパンフレットは見ていて楽しいものですが、紙に印刷されている以上の情報は得ることができません。また紙のパンフレットは持ち帰るのに荷物になり、必要なくなった後はゴミになってしまいます。紙のパンフレットに変わる便利で効率的なパンフレットは「電子パンフレット」。この記事ではマンションのパンフレットを電子化することで得られるメリットやその用途を紹介していきます。

マンションのパンフレットを電子化するメリットとは?

マンションのパンフレットを電子化するメリットを早速見ていきましょう。

気軽にマンションの詳細情報をチェックできる

紙のパンフレットでマンションの情報を確認したときに「もっと詳しく知りたいことがあった」経験がある人は多いのではないでしょうか。電子パンフレットでは紙のパンフレットよりも多くの情報を盛り込むことができ、詳細情報については必要な人だけがアクセスをして得ることができます。それぞれの人の必要に応じてパンフレットをカスタマイズできるようなものです。

また、内覧会の会場だけでなく自宅に戻ってからもゆっくりパソコンやタブレットでマンションの情報をもう一度見直すことができます。

グーグルマップでマンションの位置を確かめられる

電子パンフレットに記載するアドレスや地図は大抵の場合、グーグルマップとリンクしています。そのため、住所や地図をタップするだけでグーグルマップが開きマンションの位置やエリア情報、また勤務先からマンションまでの交通経路などを調べることができます。この機能によりマンションに住んだ際の状況をよりクリアにイメージすることができます。

パンフレットの文字を拡大できる

紙のパンフレットの文字は印刷されたものなので、もちろん大きさの変更はできません。小さな文字で書かれている場合、とても読みにくい場合があるでしょう。タブレットならば文字を自在に拡大することが可能です。文字はもちろん画像も好きなだけ拡大して詳細を確認することができます。もし読めない漢字や意味が分からない言葉があっても、その文字をタップすることで漢字の読み方や意味を調べることもできます。

インターネット上で内覧会の予約ができる

電子パンフレットでマンションの情報を確認したあと、実際に物件を見たいと思った場合もタブレットでスムーズに内覧会の予約をすることができます。「内覧会予約はこちら」などのアイコンをタップするだけで予約画面に移行します。

資料の請求が簡単にできる

通常のマンションの資料請求はインターネットを通したとしても、住所、名前、電話番号などの個人情報を入力しなければならず、面倒な上に少し不安も感じます。しかし、アプリを使用した電子パンフレットを配布することで面倒な個人情報の入力は不要になります。アプリをタブレットやスマートフォンでダウンロードするだけで簡単にマンションの資料を入手することができるようになりました。

まとめ

電子パンフレットが登場したことで、紙のパンフレットでは実現できなかったさまざまなことが出来るようになりました。電子パンフレットは不動産業者のパンフレット作成コストを削減し、マンション購入希望者の利便性を上げ、ペーパーレス化することで地球の環境向上に貢献できる、という誰にとってもメリットがあるものです。早速紙のパンフレットを電子パンフレットに変更してそのメリットを味わってみましょう。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.