タブレットの月額費用を抑えたいならWi-Fiモデル

タブレットの月額費用を抑えたいならWi-Fiモデル
2018/09/20
3773 (月間427)

増加する移動体通信費用

総務省の調査では、家計におけるICT(Information and communication technology) 関連支出は、年間12万円弱で、1ヵ月に直すと約1万円になります。このところ、毎年拡大の傾向にあり、固定電話が減少し、移動体電話が成長し、既に固定電話の4倍近い金額になっています。

タブレットはモバイルで利用できる便利な道具ですが、通信費用が増加し、家計にまで響いてくると困ります。今回は、タブレットになるべくお金をかけず、楽しむ方法について考えてみたいと思います。

通信費0円のタブレット

結論を先に言えば、Wi-Fiモデルであれば、究極0円で、タブレットを使うことも可能です。

まずは、自宅にインターネットが開通していることが最低限必要ですが、Wi-Fiモデルであれば、家庭用のインターネットを利用すれば、それ以外に特別な費用はかかりません。もちろん、タブレットは有線では接続できないので、無線LANが用意されている必要があります。

家庭では、便利に使えるタブレットですが、外出先では、なんらかの方法でインターネットにつなげる必要があります。緊急でなければ、コーヒーショップやハンバーガーショップなど、無料のインターネットを提供している場所やお店を利用しましょう。

いつもの生活行動範囲で、無料で利用できるWi-Fiスポットをリスト化して、必要な時に、すぐにWi-Fiを利用できる場所を見つけておきます。ここまでしておけば、困ることはあまりないと思います。

無料で利用できるスポットに自動的に接続してくれるアプリ(タウンWi-Fiなど)がありますので、あらかじめインストールしておきます。無料Wi-Fiスポットを見つけるたびにスポットが登録されて、自動で接続されます。

Wi2 300やFLET’s spotなどの有料公衆無線LANは、月額380円程度から利用でき、スポットが生活圏内にあれば、お得に利用ができるので、スポットが行動範囲にあれば契約しましょう。

いざという時のWi-Fi

これでほぼ通信料金無料のタブレットの設定が終了しました。とは言っても、緊急の時やどうしもインターネット接続が必要な時はあります。そんな時に利用する回線を用意しましょう。できるだけ既存のものを利用した方がお得になります。

既に携帯を利用しているなら、携帯のデザリングを利用します。キャリアの携帯であれば、20GBまでの定額パックが基本料も入れると、9000円前後になりますが、利用した分だけ支払うタイプの料金プランも登場しており、1GB3000円前後からスタートできます。

格安SIMを利用したスマホのデザリングならば、5GBの契約であれば、3000円程度の料金で利用できます。キャリアに比べて、SIM携帯によるデザリングは、リーズナブルな価格設定になります。デザリングの欠点はスマホのバッテリー消費が激しい点です。

WiMAXの活用

デザリングできるスマホを持っていないなら、WiMAXやポケットWi-Fiを利用します。WiMAXはWiMAX2方式、ポケットWi-Fiは、4G、LTEなどの通信規格を利用しますが、機能的には同等と考えて良いと思います。

格安SIMなどに比べると通信容量の制限がなく、快適に利用することができます。料金的にも3000円台から利用でき、キャンペーンなども良く実施されています。短期の利用にはレンタルも可能です。

まとめ

いずれにしても、大量のデータが必要な映画やアプリのインストールなどはできるだけ自宅のインターネットを通じてダウンロードし、外では文字情報や数値情報などデータ量のやり取りの少ないアプリを中心に利用すれば、通信費用を抑えてタブレットを利用できます。

Wi-Fiタブレットであれば月々の固定費を抑えながらタブレットを使用することができます。Wi-Fiタブレットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.