QNAP TurboNASシリーズ 10GbE SFP+ポートを内蔵する4ベイ エントリーレベルビジネスNAS ”TS-431X” の取り扱いを開始 2017/02/22

関連メーカー:QNAP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/02/22
テックウインド株式会社

QNAP TurboNASシリーズ 10GbE SFP+ポートを内蔵する
4ベイ エントリーレベルビジネスNAS ”TS-431X” の取り扱いを開始

テックウインド株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:王 夢周)は、高いアクセス性能と充実した機能を特長とするQNAP製Turbo NASシリーズから、4台のドライブをサポートし、10GbE SFP+ポートを内蔵した費用対効果の高いエントリーレベルのビジネスNASである"TS-431X"を発売いたします。 TS-431Xは、バックアップ、復元、プライベートクラウド、仮想化ストレージ、10GbEネットワーク向けなどのITインフラストラクチャーを探し求める企業にとって理想的なエントリーレベルのNASです。

ハードウェア暗号化エンジンを備えた高性能デュアルコアCPU

TS-431Xは、デュアルコアAnnapurnaLabs (Amazon傘下にあるAlpine製)AL-212 1.7 GHzプロセッサーと2GB/8GB DDR3 RAM (8GBまでアップグレード可能) を搭載しています。 SATA 6Gb/秒、10GbE SFP+ LANポートx1、ギガビットLANポートx2を組み合わせたTS-431Xは、最大956MB/秒のスループットを提供します。AES256ビットボリュームベースのデータ暗号化をサポートするTS-431Xは、最大312MB/秒の優れた暗号化速度を提供し、NASに格納されている重要なビジネスデータの安全性を確保しながら、システムのパフォーマンスとセキュリティを強化します。

内蔵10GbE SFP+ポートによる10GbE対応

TS-431Xは、2つの内蔵ギガビットイーサネットポートだけでなく、10GbE高速ネットワークを完全にサポートする1つの10GbE SFP+ポートを備えており、ますます増大するデータ量のために仮想化のための高い帯域幅を、高速なバックアップと復元を必要とする企業のための驚異的なスループットを提供することができます。

SSDキャッシュアクセラレーションに対応

TS-431Xは、4台すべてのドライブでSSDキャッシングをサポートし、ストレージボリュームのIOPSパフォーマンスを大幅に向上させ、運用効率を向上させます。IOPS要求の厳しいアプリケーションの全体的なワークフローを向上させるために最適です。また、SSDとHDDを組み合わせることでコストと性能の両方で最高の条件を提示します。 直感的に扱える専用OS QTSを搭載 直観的なユーザーインターフェイスを備えたQTSにより、スマートかつ華麗に NASを使いこなすことができます。その現代的なフラット設計が読み込み時間を短縮し、インテリジェントなデスクトップでは、必要な機能をすばやく探し出し、デスクトップショートカットやグループショートカットを作成し、リアルタイムベースで重要なシステム情報を監視し、複数のアプリケーションウィンドウを開いて複数のタスクを同時に実行することで、作業効率を大幅に改善できます。 QTSはデバイス、プラットフォーム、地理的な位置を問わず、最適なクラウド利用を提供します。

製品の特徴

  • 10GbE SFP+ポートを内蔵
  • SSDキャッシングングをサポート
  • VJBOBと共に使用した他のQNAP NASの容量拡張

製品概要

  • 取扱開始発売日 : 2017年2月24日(金)
  • 型番 : TS-431X
  • 価格 : オープン
  • 店頭予想実売価格(消費税込) : ¥54,800
  • UPC/JAN : 0885022013005

詳しくは製品ページをご覧ください

お問い合わせ

雑誌記事紹介、評価記事掲載用として画像の貸し出し、提供を行っております。ご希望の方は、プレス関係お問い合せフォームに必要事項をご記入の上、お問い合せください。

取材、プレス関係に関するお問い合わせフォームはこちら

新規お取引、サービスに関するお問い合わせフォームはこちら

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.