アイノード別バイト数と、ボリュームの最大サイズおよびファイル・フォルダの最大数の相関について

関連メーカー:QNAP 正規代理店

QNAPの現行NAS製品(QTS 3.8, 4.x)は、ボリュームのデフォルトのファイルシステムとしてext4を採用しています。ext4においては、ファイルやディレクトリの管理はi-node(アイノード)単位で行われます。

アイノードはHDD領域上の一定サイズごとにひとつづつ、ボリュームのフォーマット時に作成されます。このサイズ(アイノード別バイト数)は、QTSのバージョンにより異なり、ボリュームの最大サイズなどに影響があります。

QTSの各バージョンごとのアイノード別バイト数については以下の表をご参照ください。

QTSバージョン アイノードあたりのバイト数 最大ボリュームサイズ
QTS 3.8またはそれ以前 4096 16TB
QTS 4.0および4.1 65536 250TB*1*2
QTS 4.2 (SOHO) 65536 250TB*1*2
QTS 4.2 (SMB) 選択可能*3 選択可能*3
QTS 4.3以降 選択可能*3 選択可能*3  

*1 NASのRAM容量によります。NAS が 4GB RAM 未満の場合、最大容量は 144TB です。
*2 以前のバージョンで作成したボリュームを、容量拡張、HDDの追加、RAIDレベル移行により拡張する場合、拡張後のディスクボリュームサイズとして16TBまでをサポートします。16TBを超える拡張はできません。
*3 QTS4.2において、アイノード別のバイト数と最大ボリュームサイズの関係は以下のようになります。

アイノードあたりのバイト数 ボリュームの最大サイズ ファイル・フォルダ最大数
4096 16TB 970M
8192 32TB 480M
16384 64TB 240M
32768 128TB 120M
65536 250TB 60M


 

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.