【Jumper T107】 重要 / 本製品ご購入後に必ずお読みください

関連メーカー:Jumper

このたびは、弊社タブレット製品 T107 (TKW-T107-W10PSL, TKW-T107-W10ISL, TKW-T107-KBBK) をご購入頂き誠にありがとうございます。 本製品をよりよくお使いいただくための補足情報として、本FAQをご一読くださいますようお願いいたします。

本体外観の状態について

製品表面の外観(フロント/リア各パネル、キーボード等)に線状の跡や小さなくぼみ、反りがみられる場合がございますが、これらは製品の製造過程で発生する樹脂成形の跡であり、製品の不具合ではございません。 また、これらの状態による本製品の動作や性能への影響はございません。

表示パネルのフィルムについて

本製品の表示パネル部には、 製品製造/輸送時のキズ防止の為のフィルムがあらかじめ貼り付けられています。
製品ご利用の際はフィルムを剥がしてください。フィルムが貼られた状態ではタッチパネルの認識精度が下がる場合があります。

※フィルムは製品保証の対象外です。フィルムのキズや汚れに対するご対応は致しかねますのでご了承ください。

別売りキーボードご利用時の留意事項

本製品にキーボードカバーを接続して使用する際には、内側(タブレット画面とキーボードが接触する側)への折り曲げのみとし、外側へ折り曲げて使用することのないよう十分にご留意ください。

キーボードカバーには、中央部に製品本体とキーボードとを接続する端子が搭載されております。カバーを外側に折り曲げて使用することで接続端子に物理的な負荷がかかり、端子の変形・破損・キー入力不良などの不具合が発生するおそれがあります。

キーボードカバーを外側に折り曲げて使用しないでください。

[ひらがな] キーの動作について

本製品付属の日本語キーボードは特殊配列となっている関係上、 [ひらがな] キーを [Fn] キーとスペースキーの組み合わせで動作するよう割り当てを行っておりますが、ハードウェアの制限により、通常の [ひらがな] キーと比べ、以下のモード切替えを行うことができません。

  • ひらがな入力→カタカナ入力
  • ローマ字入力→かな入力
キーボードカバーの写真

上記の入力切り替えは、タスクバーよりMicrosoft IMEのアイコン(「あ」または「A」と表示されています)を右クリックして表示されるオプションメニューから操作を行ってください。

※カタカナ文字への変換は、文字入力後に[F7]キーをタイプすることでも可能です

Microsoft IME

ミラキャスト、MHL/SlimPort 対応について

本製品搭載のCPUのハードウェア仕様により、ミラキャストおよびMHL/SlimPort の各機能には対応しておりません。

本製品のOSについて

本製品のプリインストールOSは多言語対応版のWindows 10を採用しております。そのため製品ご購入後の最初のPC起動では、日本を含む各国の言語を使用言語として選択できるようになっていますが、「日本」以外を選択して使用された場合には製品保証の対象外となりますことをあらかじめご了承ください。

本製品のプリインストールOS以外のOSをインストールして使用された場合、製品保証の対象外となります。このことに起因した製品不具合の修理、OS回復については有償による承りとなりますのでご留意ください。

「休止状態」について

本製品は休止状態機能に対応しておりません。

無線LAN「W52」・「W53」の屋外でのご使用について

日本国内では現在、「W52」と呼ばれる5.2GHz帯(5150~5250MHz)、「W53」の5.3GHz帯(5250~5350MHz)のいずれも、屋外での利用は制限されております。
詳しくは総務省 電波利用ホームページをご確認ください。
無線LANの屋外利用について(総務省サイト)

タグ: Jumper T107 

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.