【導入事例レポート】国立新美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」にてモバイルモニター On-Lapを採用 2017/10/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/10/18
テックウインド株式会社

【導入事例レポート】国立新美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」にてモバイルモニター On-Lapを採用

ムルヨノとセラム(インドネシア) ≪良心のためのアート:244x122の学校≫ 2006年にインドネシアのジャカルタで設立されたアーティスト・コレクティブ、ムルヨノとセラムが行ったワークショップで 制作された作品40枚とその様子を紹介する映像10本を組み合わせたアート作品。 映像の投影にOn-Lap1503シリーズが採用されており、芸術作品の一部となっている。

テックウインド株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:王 夢周)は、 同社が取り扱うGeChic社(本社:台湾 台中市)製モバイルモニター「On-Lapシリーズ」が 国立新美術館で開催されている「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」の展示端末として活用されていることを発表します。

On-Lapの壁面への取り付けの写真

導入製品

導入事例の詳細につきまして以下でご確認下さい。
http://www.tekwind.co.jp/showcase/GEC/entry_105.php

国立新美術館 展示会情報

サンシャワー:東南アジアの現代美術展ページ
http://sunshower2017.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

テックウインド株式会社 営業本部 マーケティンググループ
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル7F
TEL 03-4323-8620
infomarketing@tekwind.co.jp
http://www.tekwind.co.jp/

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.