サポート終了迫る!進まないWindows Server 2003リプレースの現実

2016/04/15
1922 (月間0)

いよいよカウントダウンに入ったWindows Server 2003のサポート終了。2015年7月15日まで、わずかな期間しか残されていません。しかし、まだ手付かずのサーバーが多いのが現状です。その多くは中小企業で、とりわけ地方に多いという結果になっています。そこで、今回改めてリプレースの遅れのリスクについて、ご紹介いたします。

サーバー放置が招くセキュリティリスク


出典:日本マイクロソフト株式会社
Cloud Platform WEBサイトより

サポート期限の終了は、セキュリティ更新プログラムの提供中止を意味します。セキュリティ更新プログラムなしには、Windows Server 2003の脆弱性を突いた攻撃に対処ができなくなり、セキュリティレベルの維持は極めて困難になります。 IPA(情報処理推進機構)の「脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況」によると、2014年度のWindows Server 2003に関する脆弱性登録は49件。減少傾向はなく、深刻度が最も高い「危険」と分類される脆弱性は2/3近くにも及びます。

また、古いOSほどマルウェア感染率が高いというデータもあります。 そして、もっとも怖いのは、機密情報が漏えいすること。得意先の情報を持ち出されたら、取引の停止はもちろん、著しい社会的信用とブランド力の低下を招きます。中小企業では信頼を回復できず倒産した例もあるほどです。

老朽化サーバーの使用を続けるリスク

セキュリティ以外にもリスクはあります。Windows Server 2003は10年前のシステムです。このOSを搭載したサーバーは、もはや老朽化しており、ハードウェアには故障の危険性も高くなっています。寿命部品の劣化などにより障害が発生する可能性が年々高まるでしょう。「まだ動いているからいい」という方も多いようですが、そのリスクの大きさを理解していただくことが必要です。

Windows Server 2003サーバーの多くは基幹となる業務システムが搭載されており、業務の推進に不可欠な共有ビジネスデータが蓄積されています。そのサーバーの停止は、ビジネスの停止にほかなりません。「壊れてから考える」では遅すぎます。すぐさま代車が用意されてくる営業車と一緒にしてはなりません。

企業のビジネスデータも業務システムも、その企業にしかありませんから、システム停止のリスクを確実に認識していただきたいと考えています。

ビジネス拡大の壁になる可能性も

この10年の間に時代は大きく変わりました。当時はインターネットがやっとブロードバンド化したころで、クラウドはまだ存在しておらず、スマートフォンもタブレットも世に出ていませんでした。 ビジネスは常に時代とともに歩み、とりわけITシステムはビジネス推進に不可欠となっています。ITシステムは事業の拡大を支援するものといえますが、そのシステムが10年前のままで、ビジネスを支援することは難しいかもしれません。

例えば、クラウドでお客様と情報を共有したいとき、いつダウンするかわからないサーバーで大丈夫でしょうか。社員がスマートデバイスを使って現場の機動力を強化しようとするとき、現在のサーバーは追随できるでしょうか。生き残りをかけて、事業変革に挑戦するとき、現在のサーバーのままでいいのでしょうか。サーバーやITシステムが足を引っ張るようでは本末転倒です。 事業の柔軟性を低下させたり、足を引っ張ったりするようなITシステムをいつまでも持ち続けるのは、ビジネス拡大の障壁にもなりうると考えられます。

リプレースは重大な経営判断

Windows Server 2003サーバーのリプレースは、一担当者の判断ではありません。経営トップが考えるべき重要な経営判断です。トップダウンでリプレースの指示を出すべきではないでしょうか。 セキュリティリスクがあり、取引先や社会に甚大な迷惑をかけるかもしれませんし、システムが故障して、事業を継続できなくなるかもしれません。事業拡大の可能性を摘んでしまう場合もありえます。

10年を経てすでに時代は変わっています。IT技術は驚くほど進化しています。最新のサーバーは今お使いのサーバーとは違い静かで、熱もこもらず、省電力、省スペースで環境に優しいエコな設計となっています。処理スピードも上がっていますし、容量も増えています。 「しかし、予算が……」と、どうしても考えてしまうかもしれませんが、低コスト化も驚くほど進んでいますから、まずは試しに見積もりを取ってみることをオススメします。

テックウインドの中小企業向けサーバーなら、10万円台でリプレース可能です。SOHO/中小企業に最適な小型サーバーで、見積り依頼やリプレースのご相談も無料ですから、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.