メニュー

フリーアドレスやテレワーク環境でも作業効率追求! 既存の資産を活用しながら低予算で働き方改革が実現できる大手採用実績多数のモバイルモニターとは?

フリーアドレスやテレワーク環境でも作業効率追求! 既存の資産を活用しながら低予算で働き方改革が実現できる大手採用実績多数のモバイルモニターとは?
2020/01/23
4558 (月間18)

いまフリーアドレスやテレワークなど、働き方改革が社会全体から求められる課題となっています。実現する方法はさまざまですが、本記事ではモバイルモニター「On-Lap」を紹介し、おすすめする理由を解説します。働き方改革を検討中のご担当者様は、ぜひご覧ください

フリーアドレスやテレワーク実施に向けての懸念点と、モバイルモニターから始めることがおすすめの理由

働き方改革としてフリーアドレスやテレワークを実施するには、さまざまな懸念があります。具体的に懸念されるポイントと、改革の第一歩としてモバイルモニターの導入がおすすめの理由を説明します。

フリーアドレスやテレワークの実現には、多くの困難がある

働き方改革を実現するには、会社の仕組みを変えなければならないことが少なくありません。もし会社の仕組みを変えようとすると、以下にあげる困難な問題に直面することとなります。

  • 導入費用が多額になると、社内稟議が通りにくい
  • コミュニケーションが取りにくくなり、業務が滞るという懸念
  • ノートPCに変わると、画面が小さくなるため作業効率が下がるのではないか
  • 社外にパソコンを持ち出すと、セキュリティー面の不安がある
  • 機器の接続方法を誰にでもわかるように説明する必要があり、面倒

このため、いきなりテレワークなどの導入を試みることはおすすめできません。

働き方改革の第一歩には、モバイルモニターの導入がおすすめ

働き方改革の第一歩は、小さく始めることがおすすめです。持ち運びのできるモバイルモニターの導入は、その方法として適しています。

お悩み解決

モバイルモニター「On-Lap」は、「働き方改革関連製品」として注目されているディスプレイの1つで、導入ハードルが低いことが特徴です。“軽い、簡単、安心”のモバイルモニター「On-Lap」で、他社よりも一歩先に進んだ職場環境をつくりましょう!

お悩み解決

貴社に最適な業務用モニターのお問合せはこちらから

IT予算を賢く使い切るのに最適な製品はモバイルモニター「On-Lap」
 2万円から始める働き方改革。

モバイルモニター「On-Lap」は、とにかく安価であることが特徴です。たとえば「On-Lap 1503E」はA4ノートよりも大きい15.6インチのサイズでありながら、実売価格20,000円(税込)ほどでご購入いただけます。これより小さい11インチのディスプレイ「On-Lap 1102E」も実売価格30,000円(税込)ほどと、手頃な価格で購入できます。
価格が10万円未満なら経費として支出でき、経営層の決裁まで求められない企業も多いでしょう。このため手軽に導入でき、働き方改革を始めることができます。
また「IT予算が少しだけ余った」という場合でも、「On-Lap」は費用対効果の高い方法としておすすめです。

お悩み解決

On-Lap 1102H主な仕様(On-Lap 1102Eはバッテリー非搭載)

貴社に最適な業務用モニターのお問合せはこちらから

接続が楽で軽くて薄いのに業務効率が40%アップ!?毎日残業なしも実現可能

モバイルモニターは、作業効率のアップに適した製品です。その理由を確認していきましょう。

デュアルモニターの導入で業務効率が40%アップ

いまIT業界を中心に、多くの企業で1台のパソコンで2台のモニターを使って業務を行う「デュアルモニター」が採用されています。この導入により、業務を効率化できたという報告が多くあがっています。
たとえばユタ大学の調査によると、テキスト作業において44%、スプレッドシート作業において29%の生産性向上が図れたと報告されています。

お悩み解決

モバイルモニターなら薄くて接続もカンタン! 費用対効果の高い投資となる

モバイルモニターは、2台目のモニターとして適しています。もっともモバイルモニターは、「接続が難しいのではないか」「厚くて重いのでは」と思っているかたもいるかもしれません。
しかし「On-Lap」は11ミリの薄さが魅力です。重さも11インチの「On-Lap 1102E」ならわずか490g、15.6インチの「On-Lap 1503E」でも800g程度と、軽いことも魅力です。接続もHDMI入力ポートを持つパソコンなら、付属のケーブル1本でつなげますから簡単です。
業務効率が40%アップすれば、残業なしで済む企業も続出するかもしれません。残業の削減は人件費の削減に直結しますから、まさに費用対効果の高い投資といえるでしょう。

お悩み解決

ノートパソコンからType-Cケーブル1本で映像入力+電源供給可能なOn-Lap 1306H

貴社に最適な業務用モニターのお問合せはこちらから

フリーアドレスやテレワーク環境で本領発揮するデュアルモニター!

デュアルモニター「On-Lap」は、フリーアドレスやテレワークの環境でこそ活躍する商品です。それぞれのメリットを説明していきましょう。

お悩み解決

フリーアドレスで得られるメリット

フリーアドレスで「On-Lap」を導入することによるメリットは、生産性向上はもちろんですが、これにとどまりません。異なる部門の従業員が活発にコミュニケーションを取ることで、業務を円滑に進められるメリットも得られます。

お悩み解決

テレワークで得られるメリット

「On-Lap」は、特にノートパソコンをお持ちの方が2台目に持つモニターとして適しています。狭い自宅でも、「On-Lap」なら薄いためスペースを取りません。このため、テレワークでも快適な執務環境を準備できます。

また画面が広く使えることで作業スピードの向上だけでなく、ミスも減られます。このため、生産性の向上につなげることができます。

貴社に最適な業務用モニターのお問合せはこちらから

モバイルモニターも種類があるけど何を基準に選べばいいの?

モバイルモニターは「On-Lap」以外にも、さまざまなメーカーから発売されています。しかし「On-Lap」は、他社の製品よりも安心感や信頼性が大きく異なります。その理由をみていきましょう。

On-LapはワールドワイドのGeChic社の製品。総代理店はテックウインドで、サポートも安心

「On-Lap」は、全世界で事業を展開しているGeChic社の製品です。日本では総代理店としてテックウインドが取り扱っていますので、安心してご利用いただけます。またテックウインドは、Webサイトや電話、専用フォームによるサポートを受けつけていますから、いざという時も安心です。

日本でもさまざまな法人が導入している

「On-Lap」は、日本国内でもさまざまな法人への導入実績があります。有名な導入先として、国立新美術館があげられます。ここでは映像作品を展示する目的で使用されましたから、ご覧になられたかたも多いのではないでしょうか。

独立法人国立美術館 国立新美術館様 導入事例
https://www.tekwind.co.jp/GEC/showcase/entry_105.php

このように「On-Lap」は、安価だからといって海外ブランドのサポートがない製品や、法人導入実績のない製品とは、安心感や信頼性が大きく異なります

まとめ

働き方改革には、業務効率のアップも含まれます。この点でモバイルモニターを導入すると、少額の投資で多額のコストを低減できます。費用対効果の高い投資といえるでしょう。

モバイルモニターは、さまざまな企業に導入されている「On-Lap」がおすすめです。働き方改革の実現に向けて、ぜひ導入をご検討ください。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.