有線LANと無線LANの違いとは

有線LANと無線LANの違いとは
2016/03/09
30475 (月間1296)

周りを少し見渡すだけでも、インターネット接続できるデジタル機器は、パソコン、携帯、ゲーム機、プリンターなど、数えれば切りがありません。今やインターネット通信は、生活の中でなくてはならないものになっています。

そんな多種多様な機器をインターネットで接続する場合、 有線と無線、2通りの方法があるのはご存知でしょうか。 ここではそれぞれの違いについて説明していきます。

有線LAN・無線LANとは何か?

インターネット接続をするには、まずインターネット接続を提供している会社(プロバイダー)と回線契約を結ぶ手続きが必要です。回線手続きが完了すると、プロバイダーから提供されたモデムなどの機器から電波をもらいインターネットが出来る環境になります。

有線LAN、無線LANの違いは、モデムとパソコンなどの機器をどのように接続するかという事です。モデムとパソコンをLANケーブルを使って接続する方法が有線LANであり、LANケーブルを使わず電波で無線接続する方法が無線LANです。

有線LAN・無線LANのメリット・デメリットは?

有線LANのメリットは、LANケーブルで接続されているので通信や電波状況が安定しているところです。また、設定も簡単でセキュリティ面でも比較的安全です。

デメリットは、LANケーブルが邪魔になったり、複数台で使用する場合に配線がごちゃごちゃしてしまうところです。また、ケーブルが届く範囲でしか作業できない点も難点です。

一方、無線LANのメリットは、ケーブルが不要なのでスッキリするところです。複数台を接続出来るので、家で何台もパソコンやゲーム機など使用している家庭はこちらの方が便利です。また、家の中なら大抵どこでもインターネット接続が可能なので、移動しながらパソコンを使用出来ます。

デメリットは、始めの設定が少し面倒なことと、環境によって電波状態が大きく変わることです。また、有線LANに比べると通信や電波状態が安定しないこともあります。セキュリティ面も有線LANよりも配慮が必要です。

どのように使い分ければ良い?

有線LANは使用できる範囲が限られています。ですので、デスクトップパソコンやデジタルAV家電など、移動を必要としない機器を利用する際は、有線LANがおすすめです。LANケーブルをごちゃごちゃさせないためにも、有線LANで使用する機器はなるべく近くにまとめて使用すると良いでしょう。

スマートフォンやタブレット、ゲーム機など移動して使用するものは、無線LAN接続が良いでしょう。このようにそれぞれの特徴を生かし、自分達がどのように使用することが多いのかを踏まえて選ぶと良さそうです。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

人気の関連記事

読みたい記事はございましたか?以下から全ての記事がご覧いただけます。

全ての記事を見る

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.