サーバーの動きが重い原因(理由)と対処(対策)方法について

2016/07/22
21039 (月間784)

サーバーを通常問題なく利用できるという場合、サーバーの速度やサーバーの動きに対してストレスなく利用できることを意味します。
しかし、サーバーの動きが遅くなるとサーバーが重い状態となります。
このときにはサーバーの原因の理由を考えて対策や必要な処理を行う必要があります。

サーバーの動きが重い原因

サーバーの動きが遅くなり重い状態となる場合には原因があります。
サーバーの動きが遅い場合の原因に関しては、ネットワークの負荷やサーバーのCPU負荷そしてメモリー不足が考えられます。
これらの原因を探って正しい対策を行うことでサーバーの遅い状態の対処を行うことができます。

サーバーが重い時の対策

何らかの理由でサーバーの動きが重い状態になったときには、サービスの提供が悪くなります。
そのためサーバーの対策として必要な対処では、サーバーを増やす方法があります。
現在のサーバーで対応できない状態になっているため適切な対策としてサーバーを増設することが、一番早い解決となります。
原因がはっきりわかっている場合には、その問題に対処することでサーバーの動きの重い原因を取り除くことができます。

サーバー以外の原因

サーバーの動きが重い状態の理由として、サーバー以外の問題として考えられるのが集中したアクセスです。
ユーザーが許容範囲以上のアクセスをすることでサーバーが麻痺してしまうことがあります。
この時にはアクセスの制限を設けることでサーバーの動きが重い状態の対策を行うことができます。

今まで快適に利用できていたサーバーが、突如動きが重い状態となることは、技術的な問題か性能的な問題が考えられます。
サーバーに問題がなければ、アクセスなどの外的原因が考えられます。
適切な対処をしなければサービスの提供が悪くなるため早めの対策を行います。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.