WEBサーバーを定期的に再起動する必要性とは


インターネットは24時間使われるのが基本になっていますから、深夜であったとしてもアクセスする人がいます。 サーバーは常時、稼働させておくのが一般的です。 しかし、定期的なメンテナンスは必要ですから、 深夜の比較的アクセスが少ない時間帯などに再起動させる必要性があります。

定期的なメンテナンス

どこのサーバーも、定期的なメンテナンスを行っています。サーバーも使っているうちに老朽化してきますから、再起動をしてメンテナンスを行わないと不具合が増えてきます。再起動の頻度ですが、サーバーをお使いの年数にもよるかもしれません。古くなれば、メンテナンスの必要性が強くなります。メンテナンスをまめに行うことによって、サーバーに起こるトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

サーバーのバックアップ

サーバーに何か障害が発生した場合に、バックアップを行う必要性が出てきます。サーバーのバックアップを行う際に、再起動することになるでしょう。サーバーには、自動復旧機能を搭載しているものもありますから、自動で再起動されます。バックアップを行う頻度ですが、ファイルを更新したタイミングでバックアップするとよさそうです。

サーバーをシャットダウン

サーバーをシャットダウンさせる機会は、それほど多くないはずです。メンテナンス時やバックアップ時など、必要最小限でしょう。一般的に、アクセス数が少ないと思われるのは深夜ですが、サイトによってアクセスが多い時間帯というのもあるかと思います。シャットダウンさせるのはできるだけ、アクセスの少ない時間帯にしてください。

 

サーバーを調子良く使うためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。ただ、メンテナンスやシャットダウンに関する告知は、必ず行うようにしてください。インターネットは24時間使われていますから、突然止められると困る人が出てくるからです。告知なしで行うと、クレームにつながるおそれがあります。


法人専用 お問い合せフォーム

お電話でのお問い合せ:050-5793-0252
サーバーに関するご相談は営業担当 嶋田までお気軽にご連絡ください。

関連製品

Windows Server 搭載サーバー

NOWing® SERVER ES(Windows Server 2012 R2 Essentials搭載)

NOWing® SERVER ES(Windows Server 2012 R2 Essentials搭載)

Windows Server 2012 R2 Essentialsを搭載した中小企業向け コンパクトキューブ型サーバー。
25名以下の従業員をお持ちの中小企業様の初めての導入に最適なサーバー

NOWing® SERVER ES(Windows Server 2016 Essentials搭載)

NOWing® SERVER ES(Windows Server 2016 Essentials搭載)

Windows Server 2016 Essentialsを搭載した中小企業向け コンパクトキューブ型サーバー
25名以下の従業員をお持ちの中小企業様の初めての導入に最適なサーバー

NOWing® SERVER ST(Windows Server 2012 R2 Standard搭載)

NOWing® SERVER ST(Windows Server 2012 R2 Standard搭載)

本格的なサーバー構築をお求めならWindows Server 2012 R2 Standard 搭載サーバー


関連コラムランキング

このページのTOPへこのページのTOPへ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.