関連メーカー:データセンターサーバーのQuanta Computer

Quantaオンサイト保守サービスパック利用規約

第1章Quantaオンサイト保守サービスパックとは

Quanta製品オンサイト保守サービスパックは、テックウインド株式会社(以下「弊社」といいます)取り扱いQuanta製品用に用意された法人顧客向けのサービスパックです。本規約に定める条件に従って本サービスパックをご利用いただくことにより、本規約に定める本サービスをお受けいただくことができます。

1.対象機器

1.1本サービスの適用範囲は、第2章に記載された登録手続きに基づいて弊社に登録され、かつ日本国内に設置されたQuanta社製サーバー製品、ストレージ製品、スイッチ製品1台です (以下、「対象機器」といいます)。

1.2本サービスの対象製品は、弊社に保守登録を行った対象機器に限られます。

1.3テックウインド製品保証規定において無償修理の対象となっていない故障は本サービスの対象外といたします。

1.4お客様にて修理、交換を行った部位に関しては本サービスの適用対象外と致します。

1.5本サービスで提供するのは対象機器の交換または修理までとし、対象機器以外の設置、設定については本サービスの対象外といたします。

1.6お客様のネットワーク環境における異常または不具合における原因の切り分け作業については、お客様が行うものとします。

1.7登録完了後に対象機器を変更することはできません。

2.受付時間/訪問

①オンサイト保守24×7 365日24時間の受付および出動となります。訪問日は、原則当日の4時間後となります。但し、ご依頼時間や地域によっては翌営業日以降の訪問となる場合もあります。

②オンサイト保守8×5 月曜~金曜日(祝祭日、弊社指定休業日を除く)の9:00~17:00の間の受付および出動となります。 訪問日は、通常、ご依頼日の翌営業日後になります。但し、ご依頼時間や地域によっては翌営業日以降の訪問となる場合もあります。

3.本サービスの提供期間

本サービスの提供期間は、お客様の登録申請日にかかわらず、登録申請いただいた対象機器のご購入日から、ご購入された本サービスパックの期間(3年間または5年間)の満了日までとします。

第2章登録申請

本サービスをご利用いただくには、お客様の情報を弊社に登録していただくことが必要になります。登録申請は、対象機器ご購入日から30日以内に弊社ホームページにて行ってください。登録申請後、弊社は登録承認ののち、登録完了のご案内を行い、本サービスを開始するものとします。なお、ホームページ上からの登録が完了しなければ本サービスは開始されません。また、以下のような場合は本サービスパックへの登録ができませんのでご注意ください。

(1)第1章第1条で定める対象製品に該当しない製品
(2)すでに保守契約が締結済みの製品に関して、弊社の提供する異種の保守サービスに変更する場合

登録申請の手順

(1)本規約をお読みいただき、その内容に同意できることをご確認ください。
(2)弊社web上の保守登録ページにアクセスし、画面の内容に従って必要な情報を登録してください。

第3章本サービスの内容および条件

弊社は、お客様が弊社に登録申請し、弊社にて登録完了したお客様の対象機器に対して、以下に定める内容および条件で、本サービスを提供するものとします。万一、本サービスパックをご購入いただいたお客様と、本サービスの対象となる機器の所有者が異なる場合、お客様の費用と責任において、本規約の内容につき対象機器所有者の承認を得ること、および弊社が本サービスを行うことができるよう必要な措置を行うことを条件として、弊社は本サービスを提供するものとします。

1.本サービスの内容

1.1障害申請の受付 お客様から対象機器の障害に関する連絡をいただき、対象機器の故障により機器の交換が必要と弊社が判断した場合、弊社作業員または、弊社が委託した保守業者が設置場所に訪問し、障害品の修理、交換対応を行います。交換の場合、同一機種がご用意できない場合、後継機種との交換となる場合があります。

1.2サービス提供地域 対象地域は、一部離島を除く全国になります。

1.3その他
(1)故障箇所が特定できている場合は、該当部品(HDD・ファン・電源等)のみを交換させて頂きます。
(2)故障した記憶媒体(HDD、SSD)はお客様の同意のもと原則として作業員が持ち帰ります。
(3)対象機器の交換によりシリアル番号が変わりますが、保守期間中は交換品に対しても同様の保守サービスが適用されます。 (4)対象機器の交換品は再生品(修理完了品)の場合があります。
(5)修理にて交換された本体、部品の所有権はQuantaComputerに帰属します。
(6)障害の被疑部位切り分け・原因調査に使用するログ情報を作業員が採取し、ベンダに送付する場合があります。

2.本サービスの範囲

本サービスの適用範囲は、第1章第1条にて定める対象機器のハードウェアに関するサービスのみです。対象機器に記録されたデータの復旧、および接続されているホストコンピュータ、OS、アプリケーションソフトウェアに関連する障害は本サービスの対象外です。

3.除外作業

次の各号に定める作業については、本サービスに含まれないものとします。

(1)対象機器の移設および撤去に関する作業および立会い
(2)お客様の要求による対象機器の改造、清掃、点検
(3)フレーム、カバーなどの部品交換、消耗品の供給
(4)弊社製品以外に起因して生じた障害の修理作業および立会い
(5)直接的または間接的に火災、水害などの天災地変、その他弊社の責に帰することのできない事由により対象機器に生じた故障の修理
(6)お客様または第三者の不適切な設置、使用、取り扱いにより対象機器に生じた故障の修理
(7)弊社または弊社が承諾した以外の者が作成したプログラム、ハードウェア等に起因する対象機器の事故の調査および故障の修理
(8)弊社が修理のために引き取った対象機器内に保存されたデータの保護および復旧
(9)ソフトウェアに起因する対象機器の事故の調査および故障の修理
(10)お客様のデータのバックアップ、リストアに関わる作業
(11)対象機器が接続されるネットワークの復旧作業
(12)対象機器BIOSやファームウェアのバージョン変更、設定変更
*機器の交換によりBIOSバージョンが工場出荷時のものに戻る場合がありますのでご注意ください
(13)弊社の規定品以外の保守部材の使用、または保守部材などの保管不備により生じた対象機器の故障の修理
(14)前各号に定めるほか、本章第2条の「本サービスの範囲」に含まれない作業

4.第三者委託

弊社は本サービスの実施および、本サービスの提供にかかる作業の全部を株式会社日立システムズに委託しています。

5.その他

5.1弊社または本章第4条に定める弊社が指定する第三者が実施した本サービスに、その実施の時から1ヶ月以内に瑕疵が発見された場合、それが弊社の責に帰するべき事由と認められる場合については、弊社は弊社の費用負担において当該瑕疵を修補いたします。

5.2対象機器に記録されているデータの管理保全については、お客様の責任において行うものとします。本サービスの実施に伴い、弊社の故意または重大な過失によるものを除き、弊社は障害の程度に関わらず、記録されているデータの消失に対しては、一切の責任を負いません。

5.3障害機から交換機へのデータ移行作業は、お客様にて行って頂きますようお願いいたします。

6.有効期間

本サービスの有効期間は、通常保証(テックウインド製品保証)による保証期間を含め、対象機器ご購入日から3年間または5年間とします。対象機器をご購入日から起算して3年間または5年間以上使用されている場合、原則として本サービスは終了するものとします。この場合、既にお支払いいただいている代金はお返しいたしません。

7.障害機の所有権

第3章第1項第3号に定める障害機の所有権は、修理または代替機の設置完了と同時にQuantaComputerに帰属するものとします。

8.設置場所の変更

お客様は、お客様登録カードに記載した対象機器の設置場所を変更する場合、変更後の設置場所と変更日を、弊社窓口に対し、変更を行う日の14日以上前に書面により連絡するものとします。

9.設置場所の整備

お客様は、適切な設置環境に対象機器を設置し、常に設置環境を整備、維持するものとします。

10.秘密保持

お客様および弊社は、本サービスの提供に関して知り得た相手方の業務上その他の情報であって、相手方から秘密であると明確に指定されたもの(以下「秘密情報」といいます)については、本サービスの提供期間中のみなずその終了後も1年間は第三者(本章第4条に基づき弊社が委託する第三者を除きます)に開示または漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号の一に該当する情報については、秘密情報として扱わないものとします。

(1)開示の時に、既に公知または公用となっている情報 (2)開示の時に、既に開示を受ける当事者が保有しており、開示を受ける側がそれを証明できる情報
(3)開示の後に、開示を受けた当事者の責によらず公知または公用となった情報
(4)開示を受けた当事者が、第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報
(5)秘密情報を使用することなく、開示を受けた当事者が独自に開発した情報
(6)法令により、開示を受けた当事者が開示を要求された情報

11.個人情報

弊社は、お客様より取得した個人情報に関して、弊社で定める「プライバシーポリシー」に基づき、個人情報保護に最大限の注意を持って取り扱うものとし、適切な安全管理を行うものとします。弊社のプライバシーポリシーについては、以下のホームページにてご確認いただけます。

http://www.tekwind.co.jp/pp/

12.本サービス提供の中止または終了

弊社は、お客様が次の各号のいづれか一つに該当する場合には、何らの催告を要せず本サービスの全部または一部の提供を直ちに中止または終了することができるものとします。

(1)本規約に記載の条件に違反し、相当の期間を定めて書面による催告が行われたにもかかわらず、当該違反が是正されないとき
(2)差押、仮差押、仮処分、競売の申し立てもしくは租税滞納処分その他公権力の処分を受け、または破産、会社更生もしくは民事再生手続きその他これらに類する手続きの申し立てがなされたとき
(3)営業の廃止または解散の決議を行ったとき
(4)その他財産状態が悪化したとき、またはその恐れがあると認められる相当の理由があるとき

13.途中解約

お客様が本サービスの途中解約を希望する場合、弊社保守契約窓口宛に、解約希望の旨を書面により連絡するものとします。なお、本サービスが終了した場合には、終了の理由の如何にかかわらず、お支払いいただいた代金は一切返却いたしません。

14.損害賠償

14.1弊社およびお客様は、本規約に基づく自らの債務を履行しないことにより相手方に損害を与えた場合には、本サービスの有効期間内であるか否かを問わず、当該損害を賠償する責を負うものとします。ただし、弊社の負担する損害賠償の総額は、本サービスパックの購入代金として弊社がお客様から受領した金額を越えないものとします。

14.2本サービスに関連して、お客様が弊社の責に帰すべき事由により損害を被った場合には、現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、その賠償を弊社に請求できるものとします。ただし、弊社の負担する損害賠償の総額は、本サービスパックの購入代金として弊社がお客様から受領した金額を越えないものとします。

14.3弊社は、弊社の故意または重大な過失に基づく事由により生じた損害を除き、いかなる場合であっても、弊社の責に帰することのできない事由から生じた損害、予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、第三者からの賠償請求に基づいてお客様に生じた損害、データの破損・滅失に起因する全ての損害について、その責を負わないものとします。

15.協議

本規約の内容、または本規約に定めのない事項に関して疑義が生じた場合には、当事者双方で誠意を持って協議するものとします。

16.本規約の変更

弊社は、お客様へ事前に予告または通知することなく、本規約を任意に変更することができるものとし、変更後の本規約は、変更事項を弊社Webサイトに掲載した時点、または弊社が別途指定した期日から効力を生じるものとします。本規約変更後、お客様が本サービスをご利用になった場合には、お客様は変更後の本規約に同意したものとみなします。また、変更から1ヶ月が経過した場合には、本サービスをご利用されていないお客様についても、当該変更内容に同意したものとみなします。

17.合意管轄

本規約または本サービスの内容に関連して、弊社およびお客様間において紛争が生じた場合には、弊社の本社所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

(付則)本規約は、2014年9月1日より適用します。

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.