関連メーカー:SOHO/中小企業向け小型サーバー・小型PC NOWingシリーズ

問題内容

クライアントPCのDNS設定を固定IPを自動取得変更→Reboot→固定IPに戻る。

対象サーバOS 
  • Windows Server 2012 R2 Essentials
  • Windows Server 2012 R2 Standard
    (エクスペリエンスモード)
  • Windows Server 2012 Essentials
対象クライアント
  • Windows7(特にWindows7SP1が多い)
  • Windows8
  • Windows8.1

原因

本サーバーはLAN内でActive Directoryを構築して、DNSサーバを組み合わせて運用しているので、クライアントPCのDNSサーバアドレスは、LAN内で稼働しているWindowsサーバ上のDNSサーバに強制的になります。そのため、クライアントPCでDNSサーバーを毎回自動化しても、毎回サーバーIPに書き換えられております。

また、そのDNSサーバはLAN上で稼働しているホストに関するレコードしか持っていないので、インターネット側の名前解決はできず、アクセスに時間がかかったり、接続ができないなどの障害や不安定が発生していると推測します。

対応策については、下記をご参照ください。

対応手順

手順1:

クライアントPCのネットワーク設定を自動取得に設定し、シャットダウンします。

手順2:

サーバーのIPを固定IPにします。
サーバーの優先DNSのIPアドレスをループバック(127.0.0.1)に変更します。 設定後、シャットダウンします。

手順3:

ルータの設定でLAN側のスタッティックDNS又はプライマリ/セカンダリDNSに サーバーのIPアドレス及びルータIPアドレス設定を行う。 複数の設定ができないルーターの場合は、サーバーのIPアドレスを設定、 ルータ再起動。

手順4:

サーバー、クライアントPCを起動します。

再起動後、自動取得になっていることを確認してください。

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.