【導入レポート】一般社団法人てとて

関連メーカー:Android、Windows対応のタブレット CLIDE(クライド)


一般社団法人てとて 導入レポート

精神的な障害を持つ方々やそのご家族に対して、医療・福祉全般に関する支援を提供することにより、 「その人らしい生活を大切にしながら、一緒に、可能性を広げていく」ことを法人理念としている。

【導入機種】CLIDE9(Windows 8.1)×6台導入

CLIDE タブレット導入の経緯

訪問看護業務は、こちらから利用者宅へ伺うため、病院と違い利用者の情報を持ち歩き、なお且つ待ち時間にその情報の入力をすることが必要になってきます。またスタッフ間における利用者の情報の共有や管理、業務の効率をあげるためにタブレットの導入が必要と考えていました。

CLIDE タブレット 導入環境

6台のCLIDEを、社外の訪問看護業務で使用しています。セキュリティーソフトと、社外でのインターネット接続に3G回線のSIMを使用しています。 訪問看護業務においては、医療・看護・介護分野に特化したクラウドサービスを利用しています。訪問看護の際、利用者宅やその間の移動、待ち時間などに、利用者情報の確認や入力を行っています。

CLIDEタブレットを使用した感想

各利用者情報を、紙でファイルしたものを持ち歩く必要がないので、荷物の軽減が出来ました。また、紛失時のことも考えると、クラウドサービスを利用し、セキュリティー管理やロック機能も利用することで、情報管理上も良いと思います。

社外でも、利用者さんの状態、生活状況、看護内容などが、各スタッフ間で申し送りができていなくても、タブレットからどこでも即座に情報共有ができ、役立っています。

OSも普段から使っているWindowsのため、使い勝手が良い印象です。

優れている点

通信機能があるため、利用に合う格安のSIMを選ぶことができます。SIMを挿してからの設定は簡単でした。スマートフォンでも情報の確認・入力はできますが、画面が大きいのでより見やすいです。


その他、多数のユーザー様に導入いただきました。
導入レポート一覧はこちら

法人専用 お問い合せフォーム

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.