関連メーカー:ASUS(エイスース)

 
 Intel RAID1/5/10アレイ内のHDDに障害が発生した場合、以下の方法でリビルド(復旧)を行うことができます。(RAID0の復旧はできません。)
 
 
事前準備
 障害対応をホットスワップ(Windows起動中にHDDの抜き挿しを行うこと)にて行う場合、製品により事前にBIOS設定が必要です。
 下記のBIOS設定項目が存在するマザーボード製品の場合には適宜設定します。この項目がBIOS中に存在しない製品は設定する必要はありません。(この場合は未設定でもホットスワップ可能です。)
 
Advanced Menu > Advanced > SATA Configurations > Hot Plug > [Enabled]
 
※ホットスワップに非対応の環境のままHDD交換を行う場合、HDDを抜き取る場合も挿しこむ場合にも必ずPCをシャットダウンさせた状態で行ってください。
 
 
手動でのリビルド方法
 手動でリビルドを行うには、障害の発生したHDDと交換用HDDを入れ替えた上でリビルドの設定を行います。

 設定は、Intel Rapid Storage Technology(以下、IRST)上で障害の発生したRAIDボリュームをクリックし、続けて"別のディスクに再構築"をクリックします。その後、ターゲットディスクを選択するとリビルドが開始されます。

 
自動でリビルドを行う方法
 リビルドを自動で行う場合には、リビルド交換用のHDDを障害の発生する前に用意し、事前にスペアディスクとして設定を行っておく必要があります。

 設定は、IRST上で交換用HDDをクリックし、続けて"スペアとしてマーク"をクリックすることで行えます。
 


 RAIDアレイ内のHDDに障害が発生すると上記で設定したスペアディスクに自動でリビルドが行われ、障害の発生したHDDはRAIDアレイから切り離されます。
 障害の発生したHDDは、リビルド開始後に抜き取ることができます。
 
 
注意事項
※交換用HDDやスペアディスクには、RAIDアレイで使用しているHDDと同じかそれ以上の容量が必要です。
 
※マトリックスRAIDアレイにRAID0領域がが含まれている場合、その領域だけは復旧できません。

※本解説は、IRST バージョン11.0.0.1032を参考に作成したものです。
 

タグ: H67  H77  P67  X58  X79  Z68  Z77 

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.