メニュー

Windows7のアップデートを実行した後の再起動の際に[Secure Boot Violation] という赤文字の警告が出る場合の対処法

関連メーカー:ASUS(エイスース)

この症状は、Windows7がWindows8から実装された[セキュアブート]機能に非対応であることが要因となっている可能性が考えられます。

該当する状況が発生した場合、多くはマザーボードBIOSにて以下の設定部分を確認・変更することで正常な起動が回復致しますのでお試しください。
 
 
■確認/変更手順
 
※注1:BIOS部分の項目表示は[日本語/English]の各モード設定時のものです
※注2:マザーボード機種によってBIOSの表示が異なる場合があります
 
1.電源投入後に[F2]キーを叩いてBIOS設定ユーティリティティを起動
 
2.[EZ Mode]の場合は[F7]キーを押して[Avanced Mode]表示に切り替える
 
3.[起動/Boot]の項の[セキュアブートメニュー/Secure Boot]に移動
 
4.[OSタイプ/OS Type]を以下に設定する
 

 日本語モードの場合-> [非UEFIモード]


 

 Englishモードの場合-> [Other OS]


 
 
5.[F10]キーを叩いて設定を保存して再起動
 
 

■BIOS設定項目中に[セキュアブートメニュー/Secure Boot]が無い
 
BIOSがWindows8発売前の古いバージョンのままとなっている可能性が考えられます。この場合は、事前に最新のBIOSファイルへの更新を行ってください。また、数世代前の製品の場合は既にBIOSのアップデートが終了している場合がございます。予めご了承ください。

タグ: ASUS  Secure Boot  Windows7 

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.