関連メーカー:ASUS(エイスース)

 セキュアブートを機能させるためには、下記の3点を満たす必要があります。

Windows8に対応しているマザーボードを使用します

 マザーボードは、セキュアブートに対応する製品を用意する必要があります。
 下記サイトの Intel Platform / AMD Platform の上部に掲載されているものは、最新のBIOSに更新することでWindows8に対応し、セキュアブートも機能します。
 "The following motherboards offer Windows 8 drivers for OS upgrade and compatible installation:"以下に表示されている製品についてはWindows8ドライバの提供は予定されていますが、セキュアブートには非対応です。

ASUS Windows 8-Ready Motherboards
http://event.asus.com/mb/windows_8/

 また、上記に掲載されていない場合でも、BIOSファイルの拡張子がcapの製品はWindows8と完全な互換性があり、セキュアブートにも対応します。

Windows8 64bit版を利用します

 セキュアブートは、Windows8 64bit版以外のWindows OSでは機能しません。

Windows8はUEFI起動モードでインストールします

 Windows8インストールディスクを起動させる際、UEFI設定画面やブートメニューで"UEFI"から始まる光学ドライブを選択することで、UEFI起動モードでインストールすることができます。

※アップグレードにより Windows8を利用する場合には、アップグレード前のOSがWindows7 64bit版で且つUEFIモードでインストールされている必要があります。

上記条件を全て満たす環境で下記のBIOS項目を設定することでセキュアブートが機能するようになります。

Advanced Mode > Boot > Secure Boot > OS Type > [Windows UEFI mode]
上記設定を行ってもセキュアブートが有効にならない場合は、追加で下記の操作を行います。

Advanced Mode > Boot > Secure Boot > Key Management > Install default Secure Boot keys > [Yes]

タグ: B75  H61  H77  X79  Z77 

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.