メニュー

RAIDExpert によるRAIDボリュームの再構築

関連メーカー:ASUS(エイスース)


 AMD RAIDボリュームに障害が発生した際は、RAIDExpertを使用してボリュームの再構築を行います。ボリューム再構築は、冗長性を備えたRAIDボリューム(RAID 1/5/10) でのみ実施可能です。
 
このガイドでは、RAID1 ボリュームの片方のHDDが故障した場合を例にして説明します。
 
手動によるボリューム再構築
 再構築用のHDDを接続した後 RAIDExpertを起動し、ログインします。
 

 ※ログインのためのユーザ名およびパスワードの初期値は、以下の通りです。
  ユーザ名:admin
  パスワード:admin


 
  
  1. 画面左側 AMD RAIDXpert > コントローラ > 物理ドライブの表示 を参照し再構築用のHDDが認識されていることを確認します。再構築用のHDDはアレイで使用しているHDDと同じか、それ以上の容量が必要です。
  2. [論理ドライブの表示] より、再構築の対象となるRAIDボリュームをクリックします。
  3. 画面右側 [論理ドライブの情報] で [再構築] のタブを開きます。
  4. 再構築用のHDDを選択します。選択されたHDDは赤色の枠で表示されます。
  5. [今すぐ開始] ボタンをクリックします。


スペアドライブの作成
 再構築に使用するHDDをあらかじめ接続しスペアドライブとして設定しておくことで、RAIDボリュームに障害が発生した際に、自動的にボリューム再構築を行わせることが可能となります。




  1. 画面左側 AMD RAIDXpert > コントローラ > スペアドライブの表示 をクリックします
  2. 画面右側 [スペアドライブの表示] で [作成]のタブを開きます。
  3. [スペア ドライブのタイプ] のプルダウンメニューから、グローバル スペア/RAIDボリューム名 いずれかを選択します。
          
    • グローバルスペアを指定した時: システム共有のスペアドライブとして動作します。
    • RAIDボリューム名を指定した時: 指定したRAIDボリューム専用のスペアドライブとして動作します。
  4. スペアドライブとするHDDを選択します。選択されたHDDは赤色の枠で表示されます。
  5. [作成] ボタンをクリックします。
  6.  

タグ: AMD 

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.