• HOME
  • QNAP 正規代理店
  • 容量や価格だけで選ぶのはダメ!企業向けNAS選定で失敗しないためのポイントとは?!

容量や価格だけで選ぶのはダメ!企業向けNAS選定で失敗しないためのポイントとは?!

2012年09月公開

容量や価格だけで選ぶのはダメ!企業向けNAS選定で失敗しないためのポイントとは?!

関連メーカー:QNAP 正規代理店


QNAPの特長

SMB(Small Medium Business)や部門での利用を前提としたNAS(Network Attached Storage)に注目が集まっている。手軽に導入できるNASは企業のデータ運用にとってもはや欠かせない存在となっているが、単純に容量や価格だけでNASを選択するのは得策とは言えない。企業にとって代えがたい資産ともなるデジタルデータを快適かつ安全に保存・運用するためには、機能性や信頼性を重視した製品選びが必要になる。そんな企業ユースに求められる条件を網羅したNAS製品として、QNAP(QNAP Systems, Inc.)のNASを紹介する。

高速なアクセス

高速なアクセス

ファイルデータを共有するための機器であるNASには、当然アクセス速度が求められます。最近ではハイビジョン動画ファイルや音楽ファイルなど、取扱うデータの容量が大きくなっており、そのファイルの数も級数的に増加しています。またバックアップ用途でNASを使用する場合、迅速にバックアップ処理を行うことが求められるため、この意味でもアクセス速度はNASの選択において非常に大切な要素です。

QNAPのNAS製品は、独自の技術とチューニングにより高速なアクセスを実現。Gigabit Ethernetによる接続時には100MB/sを超えるパフォーマンスを誇ります。これはハイビジョン番組を30分間録画したデータが約40秒でコピーできる速度で、Gigabit Ethernetの限界値に迫る速度です。重たいデータもサクサク処理できて、ユーザーにストレスを感じさせません。

高い信頼性

高い信頼性

稼働時間が長く、多くのユーザーが頻繁にアクセスするNASにとって、内蔵されたHDDの故障はつきもの。QNAPは予めHDD故障に備えた設計がされており、RAID5、RAID6、RAID10など各種RAIDモードに対応します。

たとえばRAID6の設定を行っておけば、NASに内蔵されたHDDのうち最大で同時に2台のHDDが故障した場合にも、故障したHDDを交換するだけで自動的に元通り復旧が可能です。 QNAPの製品は細部にわたり高品質な部品を採用しており、機器自体の信頼性も非常に高い作りになっています。

さらに万が一機器本体が故障した場合にも、新しいNAS本体を用意してHDDを差し替えるだけで元のデータと設定を保持したまま起動が可能です。想定されるリスクに対し万全の備えを持つQNAPは、サービスのダウンタイムを最小限にし、大切なデータを守ります。

管理、運用が簡単

管理、運用が簡単

一般的に中小企業には専任のIT管理者が置かれないことが多いため、管理に手間のかかる製品は敬遠されがちです。QNAPのNASは、導入の際にも普段の運用においてもネットワークやサーバーに関する高度な知識は全く必要ありません。 初期セットアップはウィザードに従って進めるだけ、わずか10分で完了します。

すべての設定はwebブラウザ上で動作する管理ソフトウェアで行うことができ、しかも直感的に操作可能な設計になっています。NASの運用上一番頻繁に行うことになるユーザーの追加や共有フォルダへの権限設定も一発で完了します。

NASを導入したのはいいけれどメンテナンスの手間ばかりかかってユーザーはちっとも快適に使用できない……、そんな悩みとは無縁です。

多機能

QNAPのNASはファイルサーバーとしての機能に加え、実用的なサーバー機能を多数内蔵しています。

  • Webサーバー
    独自のWebサイトを公開できます。フォーラム、blogなど動的コンテンツも運用可能
  • 監視ステーション
    ネットワークカメラと連携して、撮影した動画や画像を保管するための監視レコーダーとして機能します
  • バックアップサーバー
    NASに保存したデータを、USB HDDや他のNAS、さらに遠隔地のサーバーにバックアップできます。ディザスタ(災害)リカバリ対策としてデータの冗長性を高めます。
  • MyCloud NAS
    社内ネットワークだけでなく、インターネットからもNASにアクセスするための機能。外出先からもNASに保存したデータが取り出せます 。

これらの機能はほんの一部。
NASのファームウェア(基本ソフト)のアップデートに合わせ、各種機能の改善と追加が継続的に行われています。

TEKWIND社の独自サービスの紹介

QNAPの正規代理店であるテックウインドからは、このように優れたQNAPの導入を支援するための各種オプションサービスを提供している。せっかくNASを導入するなら、長期間安心して使用するためにもサービスは積極的に活用していきたいところ。ここでテックウインド独自のサービスを紹介していこう。

HDD組込済みモデル

HDD組込済みモデル

QNAPのNAS製品はHDDが別売りとなるため、ユーザー側で別途ベアドライブ(単品販売されているHDD)を購入して取り付ける必要がある。

こうした準備が面倒なユーザー、また製品が届いてすぐに運用開始したいというユーザーのため、HDDを出荷前に組み込み、初期設定を行ったモデルをラインナップしている。動作検証と基本設定を実施したうえで出荷されるため、安心して導入できるのも特長だ。

詳細を確認


オンサイト保守サービス

オンサイト保守サービス

NASの機器本体またはHDDが故障した際、作業員がNASの設置場所を訪問して故障部位の交換を行うサービス。NAS機器本体、HDDともに保守対象となる。

NAS丸ごと保守してほしい、またユーザーが自身の手でHDD交換作業を行うことができない場合などにお勧めだ。

詳細を確認


デリバリ保守サービス

デリバリ保守サービス

NASの機器本体が故障した際、交換用の機器を先出しで提供するサービス。

保守対象はNAS本体のみとなる。HDDをユーザー側で用意でき、保守のコストをできる限り抑えたいユーザーにお勧めだ。


詳細を確認


取扱い店のご紹介



QNAP取扱店一覧



QNAP製品についての各種お問い合わせは、弊社に直接お問合せ頂くことも可能です。
正規代理店として、これまでに多数の導入*をお手伝いさせて頂きましたノウハウをもとに、納期、見積のご依頼はもちろん、システム導入や一括導入についてのご相談、OEMのご相談まで、お客様のご要望に適したご提案をさせていただきます。
*導入事例の一部をご紹介しております。

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

このページのTOPへこのページのTOPへ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.