【CLIDE】充電用コネクターによる事故の防止

関連メーカー:Android、Windows対応のタブレット CLIDE(クライド)

【CLIDE】充電用コネクターによる事故の防止

不具合や故障が判明した時は、使用を中止して、お買い求めの販売店、もしくは弊社製品サポートセンター窓口に相談してください。

1.充電用コネクターは接続の方向を確認して、まっすぐ差し込む

充電用コネクターの中には接続方向が決まっているものがあります。接続方向が決まっている充電用コネクターを接続する際は、向きを確認してまっすぐ差し込んでください。通常、上下逆さまに挿入できない構造になっていますが、無理に逆さまに入れようとすると、コネクター内部が変形し、端子間がショートして発熱、発火するおそれがあります。

2.一度曲がってしまった充電用コネクターは使用しない

コネクター部分が変形したMicro USB
コネクター部分が変形したMicro USB

コネクター部分が曲がってしまった充電用コネクターは使用しないでください。手などで戻しても、コネクター内部が変形してしまい、使用を続けると端子間がショートして発熱・発火するおそれがあります。

3.充電用コネクター内部に液体や異物が入らないよう注意する

ケーブル及び機器のいずれのコネクター部分にも液体(汗や飲料水等)や異物(細かいゴミやホコリ、金属片等)が付着しないよう注意してください。また、接続前に異物等が付着してないか確認してください。コネクター内部に液体や異物が入ると、端子間がショートして発熱・発火するおそれがあります。

このページのTOPへこのページのTOPへ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.