• HOME
  • ASUS
  • 仮想化機能を有効にするためのBIOS設定

仮想化機能を有効にするためのBIOS設定

関連メーカー:ASUS


 Windows7の「XPモード」やWindows8の「Hyper-Vクライアント」を利用するためには、BIOSの設定で仮想化機能を有効にする必要があります。

Intel系製品  - Intel XD Bit / Intel-VT


以下2つの設定を確認/変更します。

Advanced > CPU Configuration >  Execute Disable Bit > [Enabled]   
Advanced > CPU Configuration >  Intel(R) VirtualizationTechnology > [Enabled]


AMD系製品 -  AMD-V (AMD SVM)


以下の設定を確認/変更します。

Advanced > CPU Configuration > SVM > [Enabled]


留意事項、その他


■「XPモード」、「クライアントHyper-V」 等の仮想化アプリケーションを利用するには、お使いのCPUが仮想化技術に対応している必要があります。また、一部のBIOSでは搭載CPUが仮想化技術に対応していない場合、上記に示したBIOSの設定項目が表示されません。

CPUの仕様については、下記サイト等で確認することが可能です。
 
 Intel - Your Source for Intel Product Information
 
 AMD - Desktop Processor Solutions

■Windows8では、現在のシステムでクライアントHyper-Vに対応しているかどうかを システム情報(msinfo32.exe)で確認することが可能です。

※確認場所

 

■Windows7については、仮想化技術に対応していないシステムでも「XPモード」を利用できる更新プログラムが提供されています。

Windows 7 用の更新プログラム (KB977206)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3248

このページのTOPへこのページのTOPへ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.