メニュー

Webカメラ と Azure AI による感情分析ソリューション


 

「感情分析ソリューション」

 

スマホを見るお姉さん

人の顔画像データをもとにその人の状態を分析する「感情分析」システム。 これまでは専用の機能を有するカメラが必要であったり、学習データを一から作成したりと、導入には大きなハードルがありましたが、AzureのAIシステムがそれを解決します。
当社は感情の認識/分析システムとして、Azure AIと市販のネットワークカメラから構成された「感情分析ソリューション」を提供予定です。

感情分析ソリューションの流れ

 

1.画像の撮影・保存

カメラのアイコン

24時間・365日の連続稼働が可能な信頼性の高いネットワークカメラを採用しています。また、Azureへのセキュアなデータ転送を実現するために、中継サーバーとしてQNAP社製のNASを使用しました。
 

2.画像解析

虫眼鏡のアイコン

感情画像の解析にはAzure AI が提供するCognitive Service のFace API が使用されています。画像内の感情を検出し、機械学習に基づいて顔の特徴や感情を推測します。
 

3.解析結果の蓄積

パソコンのアイコン

Azure SQL Server は様々なSQLデータベースと互換性があり、外部システムへのデータ受け渡しやアプリケーションへの応用が容易です。

4.解析結果の可視化

グラフのアイコン

Microsoft社の提供するデータ視覚化ソフトウェア Power BI を利用することでデータの分析と共有が容易となります。
お客様のご希望に応じた解析項目の表示・フィルター作成等のカスタマイズも承ります。

このようなお客様に

 

  • AIによる人分析に興味はあるものの「イメージが沸かず手が出ない」、 「一度に高額な出費をして失敗したくない」とご不安の企業様
  • 展示会/プロモーションイベントの訪問者の分析をして、マーケティングに 活かしたい企業様
  • 職場や学校、公共施設などの「雰囲気測定」をしてみたい企業様
  • 顔画像分析を研究に利用したいが自前で学習モデルを持っていない、モデルを作ることが難しい研究機関様

 

グラフ

図:Power BI による分析結果の可視化(開発中の画面)

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.