メニュー

クラウドサーバーの選び方

2016/06/28
3174 (月間43)

目覚しいIT技術の進歩により、会社における事務処理、経理処理なども全てIT化が進んでいます。
そんな中、会社のパソコンをクラウド化する企業も年々増加しています。
また、最近ではクラウドサーバーを扱う企業も増えています。
たくさんのクラウドサーバーの中から、一体どのサーバーを選べば良いのでしょうか。

クラウドサーバーとは

クラウドサーバーとは、クライアント(企業や個人の依頼主)に対してインターネットの様々なサービスを提供するもののことを指します。
これまでは、1台のパソコンに1台のサーバーが接続してサービスを提供する形が主流でした。

しかしクラウドサーバーは、複数のサーバーがまるで1台のサーバーのように接続してサービスを提供する仕組みです。
そのためクラウドサーバーは、新しいソフトを導入する際もわざわざハードディスクを増設することなく導入することが出来、経費削減にも繋がります。

また、アクセス数の状況に合わせてサーバーを自由に拡縮出来るのでアクセスが集中してサーバーがダウンすることもありません。
もしも接続している1台にトラブルが発生しても別のサーバーで対処出来るので、安定性も高く災害時にも安心です。

クラウドサーバーのタイプで選ぶ

クラウドサーバーは、大きく分けて3つのタイプがあります。

まず、1つ目のタイプはブラウザベースタイプです。
他社との共有を何よりも優先させ、社外ファイル共有用として使いたい場合は、ブラウザベースタイプを選びましょう。
ブラウザベースのサービスは、専用のソフトをインストールしたりネットワークの設定変更を行う必要がありません。

もちろん、取引のある他社に対しても設定変更を依頼する必要もなく、スムーズに取引が行えます。
これからグローバル展開を考えている製造業や、関係会社や他社と業務データを共有する流通業などにお勧めのサービスです。
他社との共有を第一に考えているなら、ブラウザベースのサービスがオススメです。

2つ目は、Windowsベースタイプです。
これは、社内におけるファイルやデータの管理、共有に向いています。
これまで使っていたエクスプローラーそのままのため、操作内容も全く同じまま使用出来ます。

しかしクラウドサーバーごとに使える機能やサービスが違うので事前に確認が必要です。
社内用ファイルサーバーとして使いたい場合には、オススメです。

3つ目は、専用ソフトウェエアベースタイプです。
バックアップやアーカイブ利用を目的とした場合にお勧めのタイプです。
このタイプは、データ保管を最優先として機能を絞っているので、他のタイプよりも低価格で使用出来ます。

セキュリティレベルを確認

クラウドサーバーを利用するに当たり、機密文書や重要書類などの情報が流出することのないようセキュリティ面は万全の対策を採りましょう。

クラウドサーバーのセキュリティレベルや過去にトラブルを起こしていないかなど、しっかり確認をしておきましょう。
クラウドサーバーの運用体制がしっかりしているかどうかが大切です。

クラウドサーバーを選ぶ際に一番大切なことは、何を一番実現したいかを明確にすることです。
目的が決まれば、自然とどのサービスに特化したサーバーを選べば良いか分かってくるでしょう。
最後は、同じサービスを提供しているクラウドサーバーの価格とセキュリティレベルを比較すると良いでしょう。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.