タブレットでOfficeは使えるの?

タブレットでOfficeは使えるの?
2019/01/31
7725 (月間1305)

コンピュータやタブレットをどんな目的で使われますか?

ほとんどの皆さんは、ワープロソフトのWordや表計算ソフトのExcelをご利用されていると思います。この2つのソフトがあれば、かなりの作業をこなせます。

パソコンの初期には、日本語ワードプロセッサーという、文書作成用の機械が独自に販売されていました。21世紀に入ると、専用機日本語ワードプロセッサーは、汎用機パソコンに取って代わり、Wordがワープロソフトのデファクトスタンダードとして、利用されるようになりました。

表計算ソフトのExcel、プレゼンテーションソフトのPowerPointも圧倒的なシェアで、この分野では他社の競合ソフトを駆逐しています。

本題に入りますが、タブレットには一般的に、Office mobileが、プリインストールされています。よほど本格的な使い方をしなければ、パソコンのOfficeと使い勝手、機能はほとんど変わりません。

Dropboxなどのクラウドストレージサービスを利用すれば、パソコンやスマホとファイル交換できるので、オフィス、自宅、外出先で文書や表計算、プレゼンテーション資料をシームレスに共有することができます。

Office mobile

Office mobileは、Windows、Android等のタブレットに基本的にプリインストールされています。

Office mobileは、OSによって多少機能は異なりますが、スマートフォン、タブレットに最適化されています。PC版のOffice 2016と比較すると、Wordでは、ウィンドウの分割やマクロ関係、文章校正、共同作業ができません。

Excelでは、ウィンドウの分割やマクロ機能、ピボットテーブルの追加、共同作業などが利用できません。PowerPointでは、スライドショー再生やオンライン画像挿入や画像の圧縮、YouTube関係の埋め込みなどができないといった機能制限はありますが、十分に活用できます。

Office365サブスクリプション契約

Office mobileがプリインストールされていないタブレットでは、Office 365のサブスクリプション契約に加入することで、全てのOfficeアプリが利用でき、併せて1TBのOne driveの容量が利用できます。さらに複数のPC、タブレットにまたがってOfficeを利用できます。

さらに、Word、Excel、PowerPointに加えて、メール関連ソフトのOutlook、デジタルノートのOneNote、データベースソフトのAccess、出版編集のPublisherなどの高機能ソフトも利用できる、お得な契約になっています。

ひとつ注意しなければいけないのは、Office mobileは、商用利用が認められていないことです。仕事で利用する書類を、Office mobileを利用して修正したりすることは、契約上は違法になります。なお、商用利用に関してはOffice365 Businessなどの契約が用意されています。

まとめ

タブレットでは手軽にOfficeの編集を行うことができます。いつでもどこでも手軽にOfficeの編集が可能なタブレットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。希望に沿ったタブレットをお探しの場合には、気軽にお問い合せしてみてください。

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット
オプション
Androidスマートフォン

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.