飲食店の予約管理と連携!タブレットPOSレジを導入しましょう

飲食店の予約管理と連携!タブレットPOSレジを導入しましょう
2018/08/30
1118 (月間32)

タブレットで売上管理はより効率的になる

最近では多くの店のレジでタブレットが導入されています。安価な機器を繋ぐだけでクレジットカード決済が可能になったり、カードのサインもタブレット上で行えたりと便利です。

さらに便利なのは「タブレットPOSレジ」。タブレットにアプリをダウンロードしてPOSレジとして使用できるようにしたものです。

この記事では、タブレットPOSレジの選び方や従来のPOSレジとの費用の違いを説明していきます。

タブレットPOSレジとは?

POSはPoint of Salesの略で、どの商品が、いつ、何点売れたかという情報を収集し、売上分析できるシステムのこと。POSを搭載したレジをPOSレジといいます。

スーパーなどでよく見かける大型のレジがPOSレジです。このPOSレジの機能をタブレットに持たせたものが「タブレットPOSレジ」。

特別なタブレットの用意は必要なく、自宅で使用しているものと同じようなタブレットにアプリをダウンロードするだけです。

手軽で安価、操作性にも優れているので、使用する店舗や飲食店は年々増えています。

後悔しないタブレットPOSレジの選び方

POSレジを現在使用している人の中には、タブレットPOSに乗り換えようか検討している人もいるのではないでしょうか。

POSレジからタブレットPOSレジに乗り換える場合も、POSレジが初めてでタブレットPOSレジを導入しようと考えている人もまず考えなければいけないのは「なぜタブレットPOSレジを導入したいのか」ということ。

「なんとなく話題だから」、「他のお店が使っているから」という理由ではなく、自分の店にとってどんなメリットがあるのか、目的の達成のためにタブレットPOSレジの導入が最適なのかを考えなければいけません。

例えば下記のようなことを実現したい人にタブレットPOSレジは最適です。

  • 在庫管理や顧客管理などのシステムとレジを連携させたい
  • POSレジを置く広いスペースが確保できない
  • レジ周りをもっとすっきりさせたい
  • 操作が簡単なPOSが良い
  • POS導入のコストを抑えたい

飲食店では予約台帳システムを導入している店も多いと思いますが、これをタブレットPOSレジと連携させることでより分析効果を発揮します。

特定の顧客がどの曜日によく予約を取っているか、何人で来るのか、どのようなものをオーダーしているのか、などをひとまとめにして管理することができます。

これらの情報から顧客にクーポン付きのDMを送ったり、顧客の好みにあった新メニューが出た時にメールなどで通知することもできますね。

これらにメリットを感じるようであれば、タブレットPOSレジの導入をおすすめします。

タブレットPOSレジとPOSレジの費用の違いとは?

レジは大きくわけて3つの種類があります。

  • レジ
  • POSレジ
  • タブレットPOSレジ

レジは小さな個人商店や飲食店でよく見かけるタイプ。基本的には会計と売上集計機能のみです。サイズは大きめなので場所を取ります。一番のメリットは導入費用が安価なことです。安いものでは1万円台から購入することが可能で、ランニングコストもほぼかかりません。

POSレジは商品登録や売上分析が可能なレジ。オンライン対応のタイプであれば、複数店舗のデータを一括で管理することもできます。

レジと同じく大型なので広めの設置場所が必要。費用が高いため、チェーン店など大規模展開している店でない限り導入はあまりメリットがないかもしれません。

初期費用は数十万円から数百万円することもあり、ランニングコストも安くても数千円かかります。

タブレットPOSレジの初期費用はタブレット購入台を含めても10万円以下で済むことがあります。また、導入までの時間も最短当日で、POSレジのように長い時間がかかることがありません。

まとめ

タブレットPOSレジは費用が安価で操作性が良く場所もとらないので、ほとんどの飲食店や店にとって導入はメリットになるでしょう。

タブレットPOSレジを導入して、売上アップにつなげましょう!

お客様に合った
最適な製品を紹介します!

製品の問い合わせ

関連製品

Androidタブレット
Windowsタブレット

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.