関連メーカー:高音質インイヤーイヤホン/カスタムイヤホン(IEM)のWESTONE


自分が諦めていた部分を緩和することができるかも

Comment

ベーシスト
鈴木 渉 氏

鈴木 渉氏

耳型を取って作成するイヤモニの最大のメリットは遮音性であることは明白。にも関わらず、新しくきた【EAS30】これは穴が空いてる!(゜o゜)

フィルター越しにdbカットされた周囲の音が聴こえてくる仕様。はじめにこの新製品の発売を聞かされた時は正直言って意図が理解できませんでした。。しかし、既存の遮音性の高いイヤモニにもステージユースのデメリットがないわけではなく、ここ10年ほど各社のものを使って来た自分が諦めていた部分を緩和することができるかも、と考えが変わってきて今回のオーダーとなりました。

ライブではアンサンブルの定位よりも、自分の立ち位置にダイレクトな音場を渇望するシーンもある。この仕様はそのニーズを叶えるだけでなく、2mix上ではなかなか反映されてこない生楽器の表情や量感、またお客さんの声や拍手、会場の臨場感もよりダイレクトに耳に届いてくるはず。

現在セットされている25dbのフィルターはアメリカ国内のミュージシャン達が実際にステージで使ったリファレンスにより導き出された数値とのことで、早く実際に試してみたい。用途によっては重宝しそう!

今回悩み抜いたのは選択肢がありすぎるデザイン。。貝殻フェイスプレートと琉球ガラスモチーフのシェルがいい感じです。

この「ES50」「EAS30」の2つの武器の存在が頼もしい限り。

鈴木 渉氏のES60

このインタビューは、2017年10月に公開されたものになります。

お問い合わせContact

プロユース向けお貸出を行なっております

法人専用 お問い合せフォーム

この事例の関連製品

関連製品はありません

関連資料

関連資料はありません

関連リンク

関連リンクはありません

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.