• HOME
  • ASUS
  • 起動ディスク作成方法

起動ディスク作成方法

関連メーカー:ASUS

起動ディスク作成方法

DOS で動作するBIOSフラッシュプログラムは、メモリマネージャーなどが組み込まれていない、純粋なDOSのみで動作します。純粋なDOSを起動させるには、フロッピーディスクへシステムをDOSシステムをコピーして、フロッピーディスクから起動をします。この起動ディスクの作成方法は使用している Windowsにより異なります。

ファイルをコピーする時や削除する時に、目的のファイルが表示されない場合

Windowsの標準設定では、システムに関する重要なファイルは、誤って削除したり簡単に変更が出来ないように、ファイルを表示しない設定がされています。この設定を解除するには、フォルダオプション --> 「表示」タブから次の2点の操作を行ってください。

1. ファイルとフォルダの表示 -> 「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択する。

イメージ

2. 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す。

イメージ

Windows98 / Windows98 SecondEditon の場合

フロッピーディスクをフォーマットします。オプション設定は右の画像の通り設定してください。

イメージ

WindowsMe の場合

1. フロッピーディスクをフォーマットします。オプション設定は右の画像の通り設定してください。

2. C:\WINDOWS\COMMAND\EBD (Cドライブの中の「windows」フォルダの中の「command」フォルダの中の「EBD」フォルダの中) から、「Io.sys」と「Command.com」をフォーマットされたフロッピーディスクにコピーします。

イメージ

Windows2000 の場合

1. フロッピーディスクをフォーマットします。オプション設定は右の画像の通り設定してください。

2. Windows2000のCD-ROMの中の「VALUEADD」フォルダの中の「3RDPARTY」フォルダの中の「CA_ANTIV」の中のMakedisk.batファイルを実行します。

3. 出来たフロッピーディスクから「Io.sys」「Msdos.sys」「Command.com」の3ファイル以外を削除します。

イメージ

WindowsXP の場合

1. フロッピーディスクをフォーマットします。オプション設定は右の画像の通り設定してください。

2. 出来たフロッピーディスクから「Io.sys」「Msdos.sys」「Command.com」の3ファイル以外を削除します。

イメージ

WindowsVista の場合

1. フロッピーディスクをフォーマットします。オプション設定は右の画像の通り設定してください。

2. 出来たフロッピーディスクから「Io.sys」「Msdos.sys」「Command.com」の3ファイル以外を削除します。

イメージ

このページのTOPへこのページのTOPへ

(C) Tekwind Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.